☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

労働者教育

労働組合出身の労働運動家の不在

労働組合の幹部や活動家は、労働組合業界で氏名入りで登場します。しかし、メディアにはめったに登場しません。 メディアに登場する労働問題に詳しい経済シンクタンクの研究者や役員が評論します。大昔の労働問題に詳しいコメンテーターは、労働組合の幹部経験…

日本の戦後の労働組合の歴史から見た不甲斐なさ

私が今週初めに知り合いの労働組合の幹部に戦後75年の日本の労働組合の不甲斐なさに厳しく指摘しました。 それは、①国家公務員や地方公務員の労働組合法の権利の制約を突破して来たか、②やむを得ず労働組合を離れた仲間を侮辱していないか、③全労働者の10…

労働組合のSNSによる宣伝

労働組合のSNSによる宣伝は、SNS以前のホームページのままでまだまだ普及に至っていません。労働相談が、検索サイトを通して弁護士事務所や社会保険労務士、労働基準監督署のサイトに誘導するようになっています。 SNSのサイトの制作や更新は、数万円がザラで…

日本共産党の大衆運動のスタンスの違い

私が共産党批判をすると①大昔の全国金属労働組合田中機械支部や全港湾労働組合建設支部のような物取り思想をすっぱり捨てろ、②カルロス アルタミラノチリ社会党元書記長のような武装闘争主義が垣間見える、③共産党の所以のある企業の労働組合の必要性はポー…

大椿ゆう子前大阪教育合同労働組合委員長が語るレイバーノーツ

大椿ゆう子前大阪教育合同労働組合委員長が東京都内で行われたレイバーノーツの交流会に参加した一人です。 レイバーノーツは、アメリカの労働組合運動の労使強調の下で活動している活動家の悩みや意見から組合活動の姿勢や労働組合の活性化のための資料の紹…

新世紀ユニオンの委員長からの野党への安全保障政策への注文

私は、先日新世紀ユニオンの委員長から野党の選挙の戦略が憲法を宝にした内容ではアメリカや中国の軍事や貿易による戦争の緊張状態に噛み合わないとしてきました。 私は、委員長に「陸海空の従前の偵察だけでなくレーダーやサイバーを含めた通信機器を使った…

中国の労働組合の動き

中国の溶接機械製造の労働者が労働組合の結成を通して①団体交渉による労使関係の構築や②会社と政府と一体になった弾圧の闘いを繰り広げています。連合や全労連、全労協があまり関心をもたず、組合員レベルや幹部レベルの関心に留まっています。 中国が市場経…

プレカリアートユニオンのレイバーノーツ大会報告会

この動画は、今年の5月に行われたプレカリアートユニオンがアメリカで行われたレイバーノーツで学ばれた成果の報告会です。報告会は、今まで労働組合の学習会と違い組合員が頭と体を使う実践になっています。 レイバーノーツの講演会の参加者は、相手の話を…

労働情報主催のレーバーノーツの講演と質問

私は、去年の東京都内で行われた労働情報主催のレイバーノーツの講演会の動画を見る。動画は、講演と質問の2つに分けています。 講演は、レイバーノーツの目的が1979年の創設から労使対立の明確化のトラブルメーカーの名称の組織者の育成と職場の基本の…

アメリカ発祥のレイバーノーツ

アメリカ発祥のレイバーノーツが1979年に作られて、①賃金と労働条件をまもるために闘う労働者、②職場で起こっている問題に注意を払う労働者、③ストライキを含む直接行動を検討している労働者を支援するためのネットワークです。 レイバーノーツが去年の…

労働組合の交流会や懇談会の主体

労働組合の交流会や懇親会は、幹部と顔合わせの場でなくあくまでも支部分会の間の組合員の顔合わせの場にしなければなりません。 執行委員会や三役は、あくまでも交流会の準備やサポーターです。これらの幹部が交流会と懇親会の主役になると業界用語で始まり…

組合民主主義の大切さ

組合民主主義の問いは、春闘前や労働組合の大会前後で出ます。組合民主主義は、組合員一人ひとりが主人公になって運営をしていく原則です。組織内の民主主義の原則は、「魚は頭から腐る」、「私に任せろ」と言った請負傾向や代行と無縁です。 労働組合は、共…

今年の春闘

今年の春闘は、①安倍政権の経済政策の失敗の下で庶民の生活の底上げと悪徳企業の根絶、②長時間労働の根絶、③働き形改革の名目の奴隷労働の拒否、④産業別労働条件の確立の課題を掲げなければならない。 安倍政権の経済政策は、株価の偽装引き上げで①大口株主…

石川源嗣全国一般東京東部労組委員長の出版レセプション

この動画は、石川源嗣全国一般東京東部労組委員長が副委員長の時の2015年の5月にの出版記念のレセプション行った模様を写しています。 動画の特徴は、議員予定候補者の演説と違い、労働組合の業界の喋り方です。レセプションでは、全港湾と札幌地域労働…

労働者が唯物弁証法の特徴を学ぶ意義

唯物弁証法の矛盾は、双方の対立が摩擦の発生、対立の統一の関係の特徴を持っています。新世紀ユニオンの委員長のブログには、労働組合の認識論について適時に明らかにしています。 大昔の労働組合の幹部や活動家は、さまざまな闘争の間にマルクス主義の哲学…

労働組合の活動と政治活動のスタイルの違い

労働組合の幹部は、国会議員や地方自治体議員、予定候補者の労働組合活動の経験なしに憂慮している。それは、①職場の仲間と苦労して組合作りの経験、②要求作りの苦労、③団体交渉の経験、④使用者概念拡大の闘いの経験など職場の仲間の創意工夫や知恵を出しあ…

東京西部ユニオン鈴木コンクリート工業分会の労働争議の関する著作

私は、東京西部ユニオン鈴木生コンクリート工業分会の労働争議に関する著作を読んでいます。タイトルは、非正規が闘って勝った!生コン運転手たちの闘いの記録です。 この分会は、2008年に①三ヶ月雇用契約後の解雇の取り止め、②土曜日の休みの賃金保障、…

労働組合関係者の選挙中に対する対応

労働組合関係者が選挙活動中に労働相談や所属支部の緊急会議の参加に苦慮します。私は、組織担当者や組織オルグが選挙に埋没しないように労働者の救済、アドバイスを優先する決意をしなければならない。 政治活動の自由化や政党との緊密な連携の言い訳が、仲…

国際労働基準で日本を変えるという本

私は、1998年に大月書店から出版された国際労働基準で日本を変えるという本を読んでいます。この本は、途中で読むことを中断が10年以上経っていました。 著者は、当時の東京労連の組合幹部や自由法曹団の弁護士がそれぞれの章に分けてスイスのジュネー…

労働組合の組合員教育の姿勢

労働組合の組合員教育は、労働基準法や労働組合法、労働契約法、労働安全衛生法、労働者派遣法、育児休暇法等の法律面の解説だけでなく、マルクス主義に基づく基礎理論、労働組合の闘争論を含んでいます。 労働組合の組合員教育の講義ができるチューターや講…

大阪団結まつりの参加からみた日本の産業別労働組合の定着、都道府県単位の総合労働組合のアウトライン

私が一昨日の大阪団結まつりの参加して見ると①日本の産業別労働組合の定着、②都道府県単位の総合労働組合(別名合同労働組合、一般労働組合)のモデル化をアウトラインを出してみました。 私は、それぞれの産業の統一労働条件の確立と産業別労働条件に組み入れ…

労働組合の闘い方がパターンの固定化、様々な労働組合の闘いの教訓として共有化

労働組合の闘い方がパターンの固定化になっています。幹部や活動家が1980年代から1990年代に加入して経験を積んでいます。組合の組織化の経験が、殆どない、成功前後の積み重ねが少ない、失敗から学ぶことがないようになっています。 会社に労働組合…

秘伝組合活動の楽しみ方(組合運営、組織拡大

私は、学習の友社から出された秘伝組合活動の楽しみ方(組合運営、組織拡大)をもうすぐ完読できるようになります。この本は、月刊誌の学習の友の連載から出された加徐修正の上に仕上げしました。 本の体裁は、労働組合幹部が業界用語の並べ立てた経験談でなく…

話せば分かるの伝説

政党人や労働組合人、市民運動人は、実践の前後や途中で意見が違った時に「話せば分かる。」と言った伝説が残っています。それはミッションや目的が、一致していれば「話せば分かる。」ことが叶います。 しかし、感性や人生経験、文化感が違うと「話せば分か…

メーデーの由来、日本のメーデーの大まかな歴史

メーデー参加のサイトの更新が昨日辺りからが目立ちます。メーデー参加の意味が理解できない、意味不明と言われることも出くわします。 メーデーの起源が1886年の5月1日のアメリカでアメリカ労働総同盟が「働くのは8時間、休むのが8時間、あとは自由…

情勢の変化に伴う人々の嘆き

情勢の展開が表れると、ネット界隈の方々が①「○○なのか?」の連発や②「この世が何処にいくのかわからない。」と判断不能を嘆きます。嘆きの仲間を集う方々もいます。 私は、それらの嘆きや嘆きの仲間を集うことに応じません。そのような嘆きは、商業新聞や政…

職場の組合員や未加盟の仲間が喜べるようにするための組合運動

昨日は、労働組合関係の本を読みました。本は、①ひとのために生きよう!団結への道、②実践労働組合講座一巻 労働組合の活性化と日常活動です。 組合運動は、幹部を喜ばすためではなく、①職場の組合員や未加盟の仲間が喜べるようにすること、②労働者の生活の…

労働組合の組織の減少、企業側の対応の変化

労働組合の組織されている仲間の数が大幅に減り、組合の幹部が慌てています。大幅な減少は、退職者の数の多さだけでなく雇用の流動化による組合に入らない仲間の多さです。 労働組合を知る機会は、①駅頭のチラシや②サイト、③職場の組合員からの働き掛けです…

労働組合関係者のブログやサイト、SNSでの発信の問題点

労働組合関係者のブログやサイト、SNSでの発信は、集会参加やデモ参加、チラシ紹介が中心になっています。私は、①集会参加で元気になるほどB層でないこと、②デモ参加で元気になるほどB層でないこと、③チラシ紹介から学ぶ所がないことと感じています。 …

事物の現象と本質の関係

自主管理労組の新世紀ユニオンが、委員長の日記に毛沢東の矛盾論、実践論に基づいた事物の現象の特徴、事物の本質について具体例を取り上げて説いています。委員長は、具体例を挙げながら現象と本質の関係を次のように説いています。 現象は事物の外部連関を…