☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月に再開しています。ぶどう狩りは。8月10日に再開しました。ぶどう狩りの期間は、10月15日までです。よろしくお願いします。

リチャード コシミズ福岡講演会

 リチャード コシミズが8月10日に福岡市内で講演会を行いました。①政党や労働組合、市民団体が明らかにできないこと、②集会やデモで参加してもわからないことがわかります。
 講演会は、①日本における朝鮮悪による戦後支配と②チャールスウィロビー主導の対日支配、③デビッドロックフェラーの世界の企業支配と日本支配、④ルーズベルトチャーチルスターリンヒットラーユダヤ支配の四人組、⑤クルド人朝鮮人客家人脈のマイノリティー支配、⑥日本における在日朝鮮人と部落人脈による支配、⑦小泉進次郎の朝鮮悪のプリンス、⑧朝鮮悪の対日支配例、⑨三流政治家が徘徊する社会の崩壊の兆しを中心に説きます。


マルクスと日本人

 この本は、元外務省職員の佐藤優社会主義協会元事務局長の山崎耕一郎の対談形式の①戦前の労農派マルクス主義や②社会主義青年同盟の1960年代から1980年代の特徴、③資本論を含めたマルクス主義を理解できない社会運動、④マルクス経済学の基礎の労働価値説、⑤旧ソ連の総括を含めたマルクス主義復権を明らかにしています。
 私がこの本を読み進める中でマルクス主義を薄めるおよび触れない共産党社民党マルクス主義内の官僚体質反対派のより強権体質になっている新左翼が左翼の高齢化や人材不足、労働組合内のマルクス主義を語れない空気感に満ちています。

f:id:budou102000:20191013212006j:plain

人工台風と人工地震の複合による庶民の動き

 先週金曜日から今週の日曜日にわたる台風災害情報のコピーペーストや短文(リツィードやタイムラインを含む)は、地方自治体議員や市民活動家で競いあっています。
 私は、リチャードコシミズが提起している宇宙衛星を通した気象改変による人工台風を含めて台風の推移を見ています。

f:id:budou102000:20191013210158j:plain

 台風情報のタイムラインの競い合いには加わりません。①外出は控える、②ニュースに振り回されない、③家の周りの雨水の排水溝のつまり除去は、最低限の行いです。
 人工台風と人工地震が起こると?マーク連発の文が続出します。政党人や労働組合活動家、市民活動家のみならず、コメンテーターと称するメディア芸者も然りです。
 人工台風と人工地震の対応は、国会議員や地方自治体議員、首長にはできません。被害者を演じるクライシスアクターがこの中にいるのでご用心。
 緊急の募金や緊急のボランティア募集は、クライシスアクターのスカウトやディープステートの仲間のスカウトがうようよしているので自分の生活や自分の人生を第一しよう。

f:id:budou102000:20191013210250j:plain

 人工台風と人工地震の同時発生は、リチャードコシミズの講演会でいずれ解明します。ディープステートの悪あがきは、台風の季節や利権、犯罪が起こることの拡がりをそらすためです。

f:id:budou102000:20191013210335j:plain

関西レインボーパレード2019

 関西レインボーパレード2019が、13日に大阪市内で行われました。当初は、12日と13日の2日間の予定でしたが11日に近畿圏に台風が差し掛かり、12日のステージを中止にしました。

f:id:budou102000:20191013204853j:plain

f:id:budou102000:20191013204937j:plain

f:id:budou102000:20191013205014j:plain

 今日の会場は、LGBTを中心にパフォーマンスの披露しながら会場の扇町公園周辺のパレード、パレード最中の大阪府立松原高校の吹奏楽、フィナーレの風船飛ばしを行いました。

f:id:budou102000:20191013205119j:plain

f:id:budou102000:20191013205159j:plain

 参加者は、①大手企業や中堅企業のイベントへの参入や②政党や労働組合、市民団体の参加の手控え、③LGBT向けのNPOやサービス業の参加、④司法書士行政書士の参加が中心です。

f:id:budou102000:20191013205334j:plain

 リチャード コシミズや朝堂院大覚は、お二方の見解の違いを持っていますが、①LGBTの増大が人口削減策とコミットしている、②ディープステートの工作員のスカウト、③LGBTに政界や企業の主人公で劣化を進行させると厳しく批判しています。

いなくなれ、群青

 私は、先月の末にいなくなれ、群青と言う映画を見ました。この映画は、河野裕の小説の階段島シリーズの1作目をもとになっています。

f:id:budou102000:20191010112343j:plain

f:id:budou102000:20191010112419j:plain

 キャストは、横浜流星と飯豊まりえ、矢作穂香と言った若手中心です。監督は、柳明菜です。
 ストーリーは、主人公の男子高校生の七草(横浜流星)と幼なじみの真辺由宇(飯豊まりえ)との偶然の再会をきっかけに繰り広げられる鹿児島県内の島の高校や街を舞台の物語です。
 ポジティブなキャラクターの役の飯豊まりえといつもポジティブな役を演じる矢作穂香が堀と言う陰のある役を演じています。

f:id:budou102000:20191010112458j:plain


全国革新墾全国交流会

 私は、19日と20日の2日間神戸市内で行われる全国革新墾全国交流会に参加することを決めました。20日の原発ゼロ八尾の講演会の参加はもともと乗り気にありません。

f:id:budou102000:20191010111541j:plain

 19日は、全体集会なので共産党全労連、それらを取り巻いている有名人の話が行われます。私は、あまり参考にせず疑問点がたくさん出るのでアナログイズムを前提に社会を変えるとか住民の目線第一を語るので憂鬱になります。

f:id:budou102000:20191010111743j:plain

 20日の分科会及び分散会は、野党共闘関係に入らずに若年者の分散会に入ります。分散会は、凪のお暇のような空気を読む方が2年前の全国交流会の青年交流会に占めていました。
 若年者の交流会がなんとか新聞や月刊なんとかのお決まりの画像と字面で満足したふりをすると言った自己完結になっています。私は、あの光景を見て、「18歳以上の方には受け入れられない。空気読みの集まりだ。」ダメだこりゃ!とガックリ。
 若年者の分散会が2年前より成長して経験を重ねて、悩みや嬉しさの交わりの場になれば、成功と言えるように見ていきたい。

f:id:budou102000:20191010111841j:plain

f:id:budou102000:20191010111913j:plain

社民党大阪府連合大会

 社民党大阪府連合の大会が、5日に大阪市内で行われました。三役が入れ替わりました。服部良一代表が顧問に代わり、長崎由美子幹事長が代表になりました。幹事長が川口洋一高槻市会議員になりました。副代表には、大椿裕子前大阪教育合同労働組合委員長が加わりました。

f:id:budou102000:20191005225626j:plain

 新たな三役は、旧社会党の時代を知っている幹部を含みながら、土井たか子代表時代の社民党から7月の参議院選挙に関わった大椿裕子までの現在の社民党までの政治経験を受けた体制になりました。

f:id:budou102000:20191005225656j:plain

 大会は、①2017年から2018年までの運動経過と②2017年から2018までの予算および決算の経過、③2019年の運動方針、④2018年決算と2019年予算、⑤役員選挙を趣旨説明及び討論を行いました。討論は、主に①野党共闘の実践の前に進める、②衆参両院の会派結成、③選挙宣伝の紙媒体の不調の打開策、④選挙の投票者の割合の低さが出されました。
 ①2017年から2018年までの運動経過と②2017年から2018までの予算および決算の経過は、代議員の全会一致で成立しました。③2019年の運動方針、④2018年決算と2019年予算は、私の保留以外の代議員の賛成多数で成立しました。
 私が運動方針及び決算予算に保留した理由は、①NHKから国民を守る党への対応は臨時国会の動きを見てから気極めること、②次期参議院大阪選挙区の野党統一候補は、亀石倫子弁護士の支援をする中で共産党候補への応援に意味がない、③全日建連帯労働組合関西地区生コン支部の度重なる組合員への逮捕に対する支援は度重なる機関決定でなく個人レベルの支援に留める、④若年層対策が20歳の選挙権の前提から18歳の選挙権の前提の方針に変えること、⑤部落解放運動を部落解放共闘に留めず木邑秀幸常任幹事の出身団体の部落解放全国連語会を含めた強化です。
 社民党大阪府連合の大会は、大椿裕子の参議院全国比例代表の選挙を通じて、旧社会党からの党員や土井たか子時代のゼロからの出発の時代の党員、服部良一や大椿裕子を含めた新しい党員の知恵と新たな発想、蓄積されたノウハウで新自由経済による格差社会日中戦争及び日朝戦争の引き起こしに躍起になっている軍産複合体の動き、これらの動きにコミットしている安倍政権に対決姿勢を作り、来るべき衆議院選挙や参議院選挙、再度の大阪都設立の住民投票地方自治体議員選挙を含めた政治戦で野党共闘大阪維新の会反対視力の要やまとめ役のきっかけになりました。
 私は、1パーセントオリガーキの日本支配の行き詰まりやディープステートの引きずり落としの動きを見ながら、社民党が1パーセントオリガーキやディープステートの掌で動いている実情から掌で動かない自立と自分の頭で行動できるように地道に着実な日常活動に取り組めるようにしていかなければ、置いてきぼりや無視される。