☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月ごろに再開の予定です。ぶどう狩りは。8月ごろの再開の予定です。よろしくお願いします。

2022年通常国会始まる

 2022年通常国会が、17日から始まりました。会期は、6月15日までの150日間です。会期終了後には、7月10日投開票の予定の参議院選挙が始まります。
 この国会は、岸田文雄首相の今年最初の施政方針演説と内閣提出の2022年一般会計予算と同年特別会計予算が審議されます。

f:id:budou102000:20190823144345j:plain
 2002年度一般予算は、107兆5964億円の規模(前年度106兆6097億円)で計上しています。
 歳出では、①社会保障関係費 36兆2735億円、②文教及び科学振興費 5兆3901億円、③恩給費 1221億円、④防衛費 5兆3687億円、⑤公共事業費 6兆575億円、⑥経済協力費 5105億円、⑦中小企業対策費 1713億円、⑧エネルギー対策費 8756億円、⑨食料安定供給関係費 1兆2701億円、⑩その他事項経費 5兆8350億円、⑪予備費 5000億円、⑫新型コロナウイルス感染症対策予備費 5兆円、⑬地方交付税交付金等 15兆8825億円、⑭国債費 24兆3393億円が内訳になっています。
 一方、歳入では、①所得税 20兆3820億円、②法人税 13兆3360億円、③消費税 21兆5730億円、④その他 9兆9440億円(相続税、たばこ税等を含む)、⑤その他収入 5兆4354億円、⑥建設公債 6兆2510億円、⑦特例公債 30兆6750億円が内訳になっています。
 2022年一般会計予算の特徴は、①外国製新型コロナウイルスワクチンと外国製新型コロナウイルス治療薬の確保と推進、②新しい資本社会を前提にした科学技術、デジタルトランスフォーメーション、暗号通貨の戦略、③同社会を前提にした賃金底上げ、中小企業、通信関係への投資策、④TPPを前提にした農林水産対策、⑤国土強靭化の公共事業、⑥サイバーや電磁波を加えた防衛費の再編、⑦臨時財政対策債の発行減による地方交付税の確保になっています。
 岸田文雄内閣は、①ディープステートの支配が可能にできる新型コロナウイルステロによる人口削減と世界経済の縮小、②暗号資産やマイナンバー取得、ベーシックインカムのセットの2025年の世界連邦の樹立のアリバイ、③デジタルトランスフォーメーションによる個人管理の徹底にコミットした、④安倍晋三首相から菅義偉首相までの日本維新の会の連携を抑制する、⑤新しい資本主義の名の新自由社会からの脱却の見せかけで進んでいます。
 立憲民主党共産党社民党、れいわ新選組の野党4党が、衆参両院で岸田文雄政権の安倍晋三首相から菅義偉首相までの政権の継承には、通常国会をと通して厳しく批判し、日本維新の会や国民民主党の個別事案での連携に注視しながら、提案型政治や対案政治に引き込まれないように取り組もう。

f:id:budou102000:20190901001942j:plain

f:id:budou102000:20220108205402j:plain

父の七回忌

 父の7回忌が22日の午前中に執り行いました。弟が年末年始の帰宅に続いて、昨日のの夕方に帰っています。
 父の亡くなった天気が、晴れ空の寒い時の早朝でした。母が父の介護施設で看病中に亡くなった連絡が入り、私は仕事を休んで、介護施設に赴き、父の亡くなる姿を見ました。
 父が運転する方向違いで神戸市北区の田んぼで車中泊するようになり、認知症が8年前から発症しました。
 父の七回忌が終わり、私と母、弟の3人の昼食を終えて、私は昨日から残している食器の洗いをしました。
 洗う量が多いので、まず汚れの少ない食器、今日の朝ご飯の汚れの多い食器、昨日の晩ご飯の汚れの多い食器の順番で洗いました。
 汚れの少ない食器の洗いは水、汚れの多い食器は、お湯で洗いました。洗いものは苦にならずに、何時もの時間つぶしのためです。

f:id:budou102000:20220122215238j:plain

2022.01.11リチャード・コシミズ新型コロナウイルス戦争364

 2022.01.11リチャード・コシミズ新型コロナウイルス戦争364が、長野県内の自宅で講演を行いました。政党や労働組合、市民団体が理解できない説明できないことがすぐにわかります。
 講演は、①オミクロン株が風邪と同等、②モルヌピラビルによる重症化促進、③新型コロナウイルスワクチン接種の3回目による副反応、④新型コロナウイルス治療薬のイベルメクチンで癌完治、⑤ビルゲイツによる人口削減のテロ、⑥新型コロナウイルスワクチンの大規模接種再開、⑦公明党ビルゲイツの緊密な関係、⑧コメントに対する答えを説いています。

名護市長選挙始まる

 名護市長選挙が、1月16日告示、23日投開票で行われています。立候補者は、岸本洋平名護市会議員(社民党共産党立憲民主党、れいわ新選組沖縄社会大衆党、新しい風にぬふぁぶし推薦)と渡具知武豊名護市長(自民党公明党推薦)の二名です。

f:id:budou102000:20190806015015j:plain  
 名護市長選挙は、①沖縄県の北部の辺野古沖の米軍のヘリコプター訓練所の建設中止、②政府の米軍再編交付金に頼らない姿勢、③新型コロナウイルス重篤化を減らす対策、④教育や福祉など本土の施策に影響を受けない独自の対策が争点になります。
 岸本洋平候補者を支えるオール沖縄勢力は、社民党共産党立憲民主党の本土の立憲野党、沖縄社会大衆党翁長雄志沖縄県知事グループ、市民派グループです。
 私は、この選挙を通して①本土の立憲野党とオール沖縄勢力の連携、②本土での市民と野党の共闘の継続の追求、③本土の第3の都市の大阪維新の会の主導の地方自治体運営に反対する勢力の主体的強化を図っていきたい。
 地方自治体運営の矛盾の打開は、国政レベルにとどまらずに、現実的かつ具体的な課題に一致協力できる政党や労働組合、市民団体がしっかり結束して、有権者に候補者の公約や政策を語り、支持者を増やす取り組みで可能になります。

f:id:budou102000:20190806015138j:plain

f:id:budou102000:20190806015144j:plain

2022.01.08リチャード・コシミズ新型コロナウイルス戦争363

 2022.01.08リチャード・コシミズ新型コロナウイルス戦争363が、長野県内の自宅で講演を行いました。政党や労働組合、市民団体が理解できない説明できないことがすぐにわかります。
 講演は、①新型コロナウイルスワクチン接種者が感染の媒介者と②マクロンフランス大統領の新型コロナウイルスワクチン接種強制、③新型コロナウイルス治療薬アビガン処方排除、④オミクロン株の蔓延による遅延虐殺、⑤新型コロナウイルス治療薬アビガン及びイベルメクチンによる正しいコロナ対策、⑥女優の松井玲奈の誤った新型コロナウイルス対策、⑦陰謀論で思考停止にさせるネガティブ、⑧2030年札幌オリンピック誘致利権を説いています。

社民党の大学共通テスト受験生向けの宣伝

 社民党の大学共通テスト受験生向けの宣伝は、15日に大阪市立大学杉本町キャンパス付近で行いました。

f:id:budou102000:20220116121604j:plain

f:id:budou102000:20220116121437j:plain
 宣伝では、成人式の街頭宣伝と同じ社会新報柏原版を配布しました。メガホン抜きの宣伝は、受験生に配慮するためです。
 社会新報柏原版の受け取りは、二年前の大阪教育大学前の時と同じく上々です。

f:id:budou102000:20220116121618j:plain

ラテンアメリカ研究入門

 松下洌(きよし)立命館大学名誉教授著のラテンアメリカ研究入門がomni7を通して入手しました。
 この本は、1990年代から現在のラテンアメリカの社会の概要を振り返りながら、①メキシコとブラジルの新自由社会の影響、②それらの影響による保守及び左派のポピュリズム、③左派やリベラルの新自由社会に対する社会の提起を説いています。
 ラテンアメリカの社会は、小泉純一郎政権の非正規労働者の拡大や身を切る改革を称する大阪維新の会主導の民営化推進の先駆けをリードしていると言い過ぎでありません。
 日本の左翼は、1970年代から1980年代までの新自由社会が席巻した時代認識に止まり、日本の保守やリベラルは、無関心や日本の左翼の話題とみなして語りません。
 ラテンアメリカは、貿易や日系人の関係から敵対関係に成りにくく中国や韓国、ロシアを含むユーラシア大陸連携と同じく太平洋連携の可能性を持っています。
 この本は、日本の政界がアメリカ重視から多角的外交や多角的経済連携の示唆しています。

f:id:budou102000:20220116121320j:plain