☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

#その他雇用

仕事始めと今年の非正規労働者と外国人労働者の労働の実態

年賀状が自宅に届くともうすぐ仕事が始まると感じます。仕事初めは、仕事の途中の位置や仕事のスケジュールを決めて、翌日に引き続きします。 非正規の労働者が増えれば、①会社に愛着を持たなくなり、②働く場所が変わることが当たり前になります。 外国人労…

高齢者雇用継続

高齢者雇用安定法(高安法)は、1971年に失業対策事業の廃止と合わせて中高年の雇用促進に関する特別措置法として制定されました。 高安法が高齢者の増加に伴い1986年に改訂されました。2000年と2004年の改定は、65歳の雇用継続のために改…

ユダヤ金融主導の労働組合のスタイル

私は、労働組合の分裂の経緯や職場内の複数組合の経緯の詳細を語ると下世話の内容や党派の内容になりがちになるので語りません。労働組合は、残念ながらユダヤ金融が労働者の間に作らされたと言わざるを得ません。資本家もユダヤ金融に作らされたと言わざる…

地域ユニオンの多様化による闘争レベルの低下、産業別労働組合と一般労働組合の基本

私は、もともと産業別労働組合の強化を重視しています。労働組合関係者のなかの地域ユニオン改革派は、地域ユニオンの結成と未組織対策に目を向けています。 しかし、このようなユニオンは、①県単位の地域合同労組や②いくつかの市町村レベルの地域合同労組、…

年末の仕事の追い込みによる労働災害の防止

年末の仕事の追い込みが始まっています。この時期の仕事は、ケガや通勤時の事故が起こりやすくなります。病院や診療所の金曜日や土曜日、月曜日は、混雑します。また、年末の会社の忘年会は、自主参加といいながら各課の管理職が協調性の名の根回しで行われ…

全国ユニオンの一斉相談と相談員の構え

全国ユニオンが今日からから明日まで電話労働相談を行っています。各地域のコミュニティーユニオンの幹部や相談員が相談者から電話の話から職場の問題やセクシャルハラスメント、バワーハラスメント、解雇等の悩みから聞き取り、組合加入を薦めます。相談者…

労働組合の良さの見分け方

最近は、産業別組合内に個人加盟の支部やナショナルセンター主導の地域ユニオンなどが未組織の労働者の受け皿になっています。しかし、労働相談による駆け込み寺的な組織化は、あまり成功していません。 個人加盟の支部や分会、地域ユニオンの外見上だけでな…

全日建連帯労組の相談の看板

これは、大阪市内の生コン工場の全日建連帯労組の相談の看板です。看板は、組合の加入で職場の労働条件の悩みに一発解決が出来る分会作りと分会の闘いの基本を確立するためです。 分会は、生コン輸送やセメント輸送、トラック、建設だけでなく製造や医療、サ…

労働組合の生活と雇用を確保する闘い

労働組合は、職場や業界の労働者の生活と雇用確保するための組織です。それは、労働基準法や労働組合法からの法律遵守だけでなく、生活水準の向上や生活の底上げを目指します。これは、政治家による政治解決ではできません。 労働者の実態は、賃金の低さだけ…

連合加盟の労働組合への幻想

社会主義協会が、連合加盟の労働組合への批判を弱めてワークシェアや賃金シェアを進めようとしています。これは、連合内の非主流の立場を止めてリストラの推進の立場に変わっています。社会主義協会は、社民党や新社会党、民主党のそれぞれの内部にネオスタ…

柏原市清掃委託の労働組合の結成

柏原市が今年の6月にゴミの収拾の委託料の無駄の解消のために指名競争入札を強行しました。柏原市は、入札で随意契約で現在の4つの業者に新規参入の2業者を含めて随意契約から指名競争入札を強行しました。 この強行でゴミ収拾の受入数の減少になったカツ…

中小企業での労働組合運動でのビジョン

中小企業での労働組合運動は、非正規労働者の雇用や日本の経済戦略、労務管理の改善などの課題に重要なのです。 中小企業は、取引先や元請け、荷主から資材や受注を受けています。資材を使って商品を生産し、運搬や販売をしているのが中小企業なのです。都市…

労働基準法の改定での対応

労働基準法が、4月1日に改定されました。改定のポイントは、次の通りです。 ①限度基準(過労死の発症前2ヶ月ないし6ヶ月間にわたって、1ヶ月あたりおおむね80時間を超える時間外労働)を超える時間外労働については、労使協定(特別条項付き36協定…

自由と生存のメーデー2009~六十億のプレカリアート・サウンドデモ

2007年の5月に既存のメーデーに対抗して非正規労働者やニート、失業者の若年層が中心になった自由と生存のメーデーは、様々な議論がありますがメーデーの新たな流れとして望まれます。 メーデーの後のパーティーは、既存のメーデーの飲み会と趣が違い…

若年層の労働組合への信頼の回復

おおさか社会フォーラムの分科会での若年層の労働組合の組合員が、労働無味愛への信頼の回復の取り組みをしていました。この分科会は、ショートストーリーとパネルディスカッションを通して若年層の労働組合への疑問や注文を出し合いました。 疑問や注文は…

これからのゼネラルユニオン

労働組合の組織形態は、合同労組や一般労組が代表的です。合同労組は、総評が中小企業労働者の組織化の受け皿です。組織オルグが合同労組を結成に全力を傾けて全国一般労組を結成しました。全国一般は、総評内の大企業労働組合から解散要求や政党支持を巡っ…

連立3党と公明党による1047人の国鉄労働者への解決案

連立3党と公明党による1047人の国鉄労働者への解決案は、毎日新聞の2月24日付の朝刊で明らかになりました。 この解決案は、①1世帯当たり約1600万円への解決金の支払い、②解雇で消滅した期間の年金相当分として約1300万円③総計270億円を…

全国青年大集会への対応

全労連青年部や全労連加盟の青年部、民青同盟が主催している全国青年大集会については、今回賛同しません。 賛同しない理由は、①自身が連立与党を支える立場になったこと、②来賓が日本共産党のみになっているため、③参加者が系列別の囲い込みをしているため…

労働相談の動画

この動画は、テレビやYou Tubeから解雇や賃金未払い、セクシャルハラスメント、派遣労働者の雇い止めが多いです。 派遣切り労働相談(なかまユニオン) 試用期間中の解雇で電話相談 社民党、労働相談を実施 労働相談 キャバクラホットライン

事業仕分けや来年度予算の策定での労働組合の闘争力の弱さ

労働組合の闘争力の弱さが、事業仕分けや来年度予算の策定の中で目立ちます。それは、事業仕分けによる査定と来年度予算策定での動きを読まない証拠です。それは、賃金引上げや労働災害の根絶など労働条件の引き上げの財政的な根拠を掴むためです。 労働組合…

解雇について

労働者の解雇は、労働組合への相談の事例で多いです。労働基準法でこのように書かれています。 ①解雇をする場合は、会社が労働者に少なくとも30日前に予告すること、②予告をしないときは平均 賃金の30日分以上の解雇予告手当を支払うこと、③解雇予告手当…

倒産に備えての闘い

日本のほとんどの企業が、アメリカのドル高で不採算部門の切り捨てでリストラをしても倒産に追い込まれるようになります。労働者は、倒産に直面した時どのようにすればいいでしょうか。 ①企業買収、役員の交代、営業譲渡や倒産の情報を収集すること(賃借対…

休憩時間

休憩時間は、労働基準法34条で規定されています。その規定は、次の通りです。 労働時間が6時間を超える場合は少なくとも45分、8時間を超える場合は少なくとも1時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない。休憩時間は労働時間には算入され…

今回の衆議院選挙の結果による焦りと不信

最近の左派勢力や戦闘的労働組合の幹部のブロガーたちが、今回の衆議院選挙の結果による焦りと不信を示した記事を占めています。 このような記事は、大衆が労働組合の幹部とムーブメントを組織する余裕を持っていないので、衆議院選挙を通して現在の政権をや…

ローカルユニオンの諸問題について

私は、この間新世紀ユニオンと言う無党派の地域合同労組が全労連のローカルユニオンへの批判しています。批判の要旨は、次の通りです。 今全国で共産党系労働組合(地域ユニオン)が多数生まれている。いずれも格安の組合費である。我々が知るかぎり共産党系…

非正規労働者の労働争議

非正規労働者の労働争議が、去年から多くなっています。以前は、パートタイムの労働者が、非正規の労働争議の主流でした。このような労働争議は、裁判や労働委員会で勝ち取りました。 派遣スタッフの労働争議は、派遣先と派遣元を争いになります。派遣スタッ…

愛知地域労働組合きずなの合田享子書記の出勤停止

愛知地域労働組合きずなは、一人の解雇も許さないというスローガンを掲げて、職場に組合のない零細企業やパート・臨時などの不安定雇用の労働者のために活動してきました。 しかし、この組合の合田享子書記が、2004年4月この組合から財政難の理由で解雇…

青年労働者の組合加入

青年労働者の組合加入が、21世紀になって産業別労働組合やローカルユニオンで徐々に増えています。 青年労働者は、1980年代から派遣スタッフや長時間労働で働かされましたが、なかなか労働組合に加入する動きを示されませんでした。1990年代後半に…

愛知地域労組きずなの合田亨子さんの復職の闘い

愛労連加盟の愛知地域労働組合きずなは、2004年4月に合田亨子書記の解雇をしました。解雇の理由は、組合の財政悪化と合田書記の業務の不適格です。 合田さんは名古屋地裁に解雇撤回を提訴しました。きずなは、合田さんを雇用関係ではなく労働組合の業務…

労働組合の所属を変えてからの公然化

私は、9月の中旬に会社に全労連全国一般の分会を結成を通告していました。この時の要求は、就業規則の明示と労働契約の更新書の明示、労働安全衛生の確立、一部の管理職の暴力行為の追及でした。 団体交渉が、分会の結成通告から一週間を経て行われました。…