☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月に再開しています。ぶどう狩りは。8月に再開しました。よろしくお願いします。

#本書籍

リチャードコシミズ著の救世主ウラジミールプーチン

私は、10日にリチャードコシミズ著の救世主ウラジミールプーチンと言う本を購入しました。 この本は、5月6日の東京都新宿区内のヒカルランドで行われたウクライナの裏側とウイルス戦争のカラクリと題したセミナーを加筆されたものに加えて、安倍晋三元首…

私が読んでいる本への忌み嫌い

リチャードコシミズやベンジャミンフルフォードが講演したヒカルランドの本、馬渕睦夫のポリティカルコレクトネスの著作、同時代社ので元民主主義学生同盟の活動家が著作、明石書店のラテンアメリカの基礎本、シンコーミュージックのベビーメタルラックの企…

朝堂院大覚の生き様

朝堂院大覚の生き様と言う本は、2月末に読み終えました。ダニエルオルテガニカラグア大統領や後藤田正晴元官房長官の関わりが、日本の町人政治から脱却やユーラシア社会構想の実現を貫くことを読み取れます。 日本の詐欺社会や国会議員の無能には、朝堂院大…

日本を蝕む新共産主義

私は、馬渕睦夫在ウクライナ元日本大使の著作の日本を蝕む新共産主義と言った著作を読んでいます。 馬渕睦夫氏はもともと保守の言論紙や動画に招待されている論客です。その論客がウクライナ紛争を契機にして、陰謀論指定を受けました。 この本は、付き合い…

凸凹道ソ連派の青春―民学同を生きて

凸凹道ソ連派の青春―民学同を生きての本は、オムニ7から取り寄せました。 民主主義学生同盟のメンバーだった吉田健二が、京都大学時代に関わり、学生自治会の全員加盟制の再建や核兵器廃絶や米軍演習反対、部落解放運動、国鉄分割民営化反対を通して民主主…

ラテンアメリカ研究入門

松下洌(きよし)立命館大学名誉教授著のラテンアメリカ研究入門がomni7を通して入手しました。 この本は、1990年代から現在のラテンアメリカの社会の概要を振り返りながら、①メキシコとブラジルの新自由社会の影響、②それらの影響による保守及び左派の…

オルグの鬼

私は、UAゼンセンの元組織局長の二宮誠著のオルグの鬼を読んでいる最中です。オルグと言う名称は、労働組合の組織担当や労働争議担当、労働組合間の共闘担当を含めた組織対策者をさします。 オルグの役目は、組合のコミュニケーションの活性化や組合加入者…

昨日の日課と働組合と何かと言う本

昨日の日課は、①午前中のドラマと情報番組のダビング、②昼食後の散髪、③夕食の買い出しです。 私がみているドラマは、①ドラゴン桜と②イチケイのカラス、③着飾る恋に理由があって、④リコカツです。散髪は、3月の選抜高校野球の開会式の時でした。 私がゴール…

斎藤幸平著の人新世の資本論のこと

知り合いが斎藤幸平著の人新世の資本論のことで私に話しました。私は速攻、興味なし、斎藤某の銭集めと話しを断りました。 私は、リチャードコシミズの新型コロナウイルステロと米大統領不正選挙、朝堂院大覚の生きざまの2つの著作の購入を検討します。 共…

船瀬俊介 ロスチャイルドとロックフェラーの壮大なるプランとは?

JRPtelevisionが、船瀬俊介氏を招いてロスチャイルド家とロックフェラー家の世界支配の計画を暴露します。 これは、政党や労働組合、市民団体が明らかにできない、説明できないことがわかります。

菱山南帆子が尼崎市に来る

安全保障法に反対する総がかり実行委員会の役員の菱山南帆子さんが、尼崎市内に来られました。菱山南帆子がアマ(尼崎市の通称)に来ると期待感が続々と来ました。 菱山さんが、まず庶民の生きづらさが蔓延する中で①ウイルス対策と称した日本国憲法改悪の発動…

中林美恵子元衆議院議員のドナルド トランプ本

私は、冬頃に中林美恵子元衆議院議員著作のドナルドトランプはどんな人と言う著作を漸く読み終えました。この著作は、ドナルドトランプアメリカ大統領の中間選挙と人柄を描いています。 この著作は、tランプ批判の立場の内容でなく、①アメリカ上院および下院…

共産党の職場対策の講座と若年層対策の経験集

共産党が、2013年の月刊学習の若年層対策の経験を集めた特別号と2018年の前衛特集号の職場対策の講座を発表しています。 私は、共産党や教職員関係の書籍の販売をしている書店で注文をして二つの書籍を手に入れました。共産党は、他の野党に比べて職…

石川源嗣全国一般東京東部労組委員長の出版レセプション

この動画は、石川源嗣全国一般東京東部労組委員長が副委員長の時の2015年の5月にの出版記念のレセプション行った模様を写しています。 動画の特徴は、議員予定候補者の演説と違い、労働組合の業界の喋り方です。レセプションでは、全港湾と札幌地域労働…

木村太郎著作のトランプ後の世界

私は、現在木村太郎著作のトランプ後の世界を読んでいます。木村太郎は、NHK出身の元々ジャーナリストのために少し細かい内容が含んでいますが情報番組で言及している内容が詰まっています。 野党サイドや労働組合サイド、市民運動サイドのトランプ評価が…

ドナルドトランプ黒の説得術

私は、ドナルド トランプ次期大統領の当選直後にドナルドトランプ黒の説得術を購入しました。この本は、ジャーナリストの浅川芳裕がドナルド トランプの共和党内のアメリカ大統領候補予備選挙からアメリカ大統領の前半までの一連の発言テクニックに裏付けら…

紙媒体の書籍とネット媒体の書籍

紙媒体の書籍とネット媒体の書籍の普及競争が再現しています。小説やエッセイ、写真本が紙媒体とネット媒体で売られています。 出版会社は客のニーズの名目で出版労働者や印刷労働者への労働条件の削減と長時間労働の体制の定着を目論んでいます。 両媒体の…