☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、9月ごろに閉じました。ぶどう狩りは。10月1日で終えました。来年もよろしくお願いします。

昨日の日課と働組合と何かと言う本

 昨日の日課は、①午前中のドラマと情報番組のダビング、②昼食後の散髪、③夕食の買い出しです。
 私がみているドラマは、①ドラゴン桜と②イチケイのカラス、③着飾る恋に理由があって、④リコカツです。散髪は、3月の選抜高校野球の開会式の時でした。
 私がゴールデンウイークがから読んでいる木下武男昭和女子大学名誉教授著の労働組合と何かと言う本は、労働組合の歴史編と労働組合の分析編が偏りなく組み込まれています。
 組合幹部は、歴史編に興味を持ちすぎて分析編や総括に辿り着いて、不満を漏らします。
 私は、組合幹部や活動家が伝統芸能の世界の人と感じる。歴史編が多すぎると過去にとらわれて、現在の実情や未来に向けた組織改革を遠ざけます。
 分析編は、労働組合の活動のスタンスが違うことを念頭におきながら、全日本建設運輸連帯関西地区生コン支部の経験を取り上げて、日本の労働組合の弱点や限界を突破するきっかけを見つけています。
 メーデーの運営が去年辺りから現地開催やズーム開催と言った多面的な経験を作ってきました。このことができない労働組合は、ガラパゴス化指定、絶滅危種指定です。

f:id:budou102000:20210516112736j:plain