☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月に再開しています。ぶどう狩りは。8月に再開しました。よろしくお願いします。

#邦画

生誕90年映画監督大島渚

私は、7月から8月にかけて大阪市西区のシネヌゥーボで上映中の生誕90年映画監督大島渚に行きました。 私が見た映画は、①日本の夜と霧と②絞死刑、③東京戦争戦後秘話、④愛のコリーダです。 大島渚の映画は、①意味不明なストーリーや②妙な議論、③セックス好…

生誕90年映画監督大島渚

私は、7月23日から大阪府西区内のシネヌゥーボで生誕90年映画監督大島渚に行っています。最初の映画鑑賞は、日本の夜と霧です。 この映画は、1960年の松竹大船撮影所配給です。物語は、1960年の頃に結婚式の最中に大学時代の学生自治会の様々な…

百年と希望と言う映画

私は、大阪市西区のシネヌゥーボで日本共産党の100年にまつわる百年と希望と言う映画を見ました。 私の予想がほぼ的中していました。それは、①日本共産党の創設者の荒畑寒村や堺利彦、山川均の紹介なし、②森田実や前田裕悟、志賀義雄、中西五洲、武建一、…

日本共産党の創立100周年に因んた映画の百年と希望

日本共産党の創立100周年に因んた映画の百年と希望は、大阪のシネヌゥーボや第七芸術劇場で上映されます。 池内さおり前衆議院議員や池川友一東京都議会議員、しんぶん赤旗編集部、様々な日本共産党員が出演します。 堺利彦や山川均、森田実、有田芳生な…

大島新監督の香川一区と言う映画

私は、25日にシネマート心斎橋で大島新監督の香川一区と言う映画をみてきました。映画には辻元清美前衆議院議員や玉木雄一郎衆議院議員が映画にでています。 社民党を含む周辺には、①国民民主党に忖度していると②原子力発電所再稼働派だからダメ論、③緊縮…

99.9パーセント刑事弁護士の映画

私は、去年の12月30日に大阪市内のなんばパークスシネマで松竹配給の99.9パーセント刑事弁護士の映画を見に行きました。 客層は、松本潤や香川照之、西島秀俊、榮倉奈々、映美くららのファンが中心です。 物語は、数十年前の毒殺事件の真相究明を裁判…

るろうに剣心Bigining

私は、大阪市内で24日にるろうに剣心Biginingを見ました。この映画は、るろうに剣心最終章の続きの後半です。 これが最後だ!という閉店セールの類の映画にならないか、と私は危惧する。 るろうに剣心Biginingのパンフレットが完売になりました。これは、…

狼を探して(ハングル名 東アジア反日武装戦線)

私は、このあいだ大阪市西区のシネヌーボで東アジア反日武装戦線のメンバーの後を追った映画の狼を探してを見ました。 知り合いの左翼オタクには紹介をしていません。理由は下世話な話題に終始するからです。 日本のアナキストグループの東アジア反日武装戦…

奥さまは取り扱い注意

私は、3日に東宝と日本テレビ配給の奥さまは取り扱い注意と言う映画を見ました。野党共闘関係者や社民党関係者の冷ややかな対応は無視しました。 つまり、女スパイの賛美する映画は見るな!と。 奥さまは取り扱い注意は、日本テレビ系の放送局で水曜日の2…

24日のなぜ君は総理大臣になれないのかと言う映画、25日と26日の平和と民主主義をめざす全国交歓会の大阪集会の怒涛の3日間

私は、24日に小川淳也衆議院議員の姿を追ったなぜ君は総理大臣になれないのかと言う映画をみて25日と26日の2日間にわたった平和と民主主義をめざす全国交歓会の大阪集会の参加で怒涛の3日間を過ごしました。 君は総理大臣になれないのかと言う映画、…

なぜ君は総理大臣になれないのかの予告編

映画は 、小川淳也衆議院議員が2003年の衆議院議員選挙に民主党公認で挑戦し、2005年の衆議院選挙での初当選、自民党の平井卓也衆議院議員と対峙しながら政権交代による民主党中心政権の誕生から下野までを経験し、立憲民主党に関わる姿を描いていま…

Documentary of 欅坂46と時の行路の2つの映画の延期

Documentary of 欅坂46と時の行路の2つの映画 が新型コロナウイルスの影響で延期になりました。 Documentary of 欅坂46は、野党共闘の勢力から疎まれています。時の行路のは、野党共闘の中の共産党グループが好みます。 労働者芸術って何なんだ、労働者…

渡哲也映画祭

渡哲也映画祭が、2月29日から3月20日まで大阪市西区のシネヌーヴォで放映しています。 渡哲也の日活でのデビュー作から最近までの映画の選別はしています。ただし、石原プロモーションの作品はほとんどありません。 私が最初見た映画は、大幹部無頼で…

市川雷蔵祭始まる

私は、一昨日に大菩薩峠の3部作のうち完結編を見ました。これは、中里介山の長編小説から森一生監督と衣笠貞之助の1961年の大映作です。 観客は、高齢者が多く市川雷蔵オタクです。人きりで人生のステータスにしている机龍之介(市川雷蔵)が、新撰組に入…

いなくなれ、群青

私は、先月の末にいなくなれ、群青と言う映画を見ました。この映画は、河野裕の小説の階段島シリーズの1作目をもとになっています。 キャストは、横浜流星と飯豊まりえ、矢作穂香と言った若手中心です。監督は、柳明菜です。 ストーリーは、主人公の男子高…

ダンスウイズミー

私は、今月初旬にダンスウイズミーというミュージカル風映画を見ました。この映画は、三吉彩花主演。やしろ優、三浦貴大、chay、ムロツヨシ、宝田明の出演でミュージカルが中心です。 私は、あまりミュージカル風映画を見ません。客層は50歳代から70歳代…

火口のふたり

私は、昨日なんばパークスシネマで火口のふたりと言う映画を見ました。映画は、18歳以上指定です。キャストは、柄本祐と瀧内公美、柄本明(声の出演)です。 この映画は、幼なじみ男女が結婚目前にした5日間のセックスと故郷の秋田の風景を描いています。火…

よこがお

8月3日の職場の人権の最終の講演会の席が全くないために会場をすぐに引き上げて、急遽見た映画がよこがおです。 見たい決め手は、筒井真理子です。よこがおを見るきっかけは、なんばパークスシネマの電話案内を通して知りました。筒井真理子と市川実日子の…

篠田正浩監督特集

映画監督の篠田正浩監督特集が大阪市西区のシネヌーヴォで7月27日から9月6日まで行われています。私は、11日に札幌オリンピックと言うドキュメンタリー映画を見ました。 この映画は、1972年の札幌冬季オリンピックのノルディックやアルペン、スケ…

参議院議員選挙の最中に実録連合赤軍浅間山荘への道程のレンタルDVD

私は、参議院議員選挙の最中に実録連合赤軍浅間山荘への道程のレンタルDVDを見ようと試みる。労働の解放をめざす労働者党と言う新左翼が30数年ぶりに名称を変えて参議院議員選挙に参加しました。 彼ら彼女らは、中核派や革マル派、第4インターを含めた…

ちはやふる 結び

私は、先週の金曜日にちはやふる結びのレイトショーを見てきました。レイトショーはいつもかなりの空席が目立ちますが、昨日のレイトショーは、前列以外に詰まります。 ちはやふるの映画化は、月刊漫画の連載が下になっています。ウイントンチャーチルの映画…

Documentary of AKB48の貞永に対応するアンチの動き

Documentary of AKB48の上映が近づくと脱原発運動関係者、安全保障法廃止運動関係者に加えてテロ準備法案反対関係者が推しの①自主製作映画の誘いや②チケット購入の誘いを迫られて憂鬱になります。 AKB48のアンチが、これらの勢力の中に跳梁跋扈しています。…

一週間フレンズ

私は、2月25日に大阪市内で一週間フレンズと言う映画を観ました。川口春奈と山崎賢人が主役の東京都内の高校を舞台のマンガの作品から映画になりました。 映画は、転校した高校二年の女子高生が中学生時代に交通事故による記憶ができない中で、漫画同好会…

実録連合赤軍浅間山荘への道程と言う映画から見たユダヤ金融からの要請

実録連合赤軍浅間山荘への道程は、2007年に東宝や東映、松竹の大手映画配給以外の映画館で上映されました。 連合赤軍は、学生の赤軍派と毛沢東派の日本共産党左派から別れた神奈川県のグループが糾合したセクトです。 武装闘争が第一、トロツキー主義か…

年末最後の映画鑑賞

私は、去年の12月30日の午前中から大阪市内の西区の九条のシネヌーボで濱口竜介監督のハッピーアワーと言う映画を観ました。 この映画は、神戸市内を舞台に三人の神戸出身の30歳代の女性と一人の首都圏の30歳代の女性の様々な出来事を通じて本当の友…

私が見た映画、私の周辺の玄人好みの映画の違い

私は今年の映画鑑賞を少し欲張りすぎました。具体例は、①ちはやふる上下の句と②青空エール、③Document of AKB48、④嫌な女、⑤深夜食堂、⑥少女でレイトショーや無料鑑賞ポイント使って見ました。 組合関係者や市民運動関係者は、1970年代の匂いのする映…

Document of AKB48を参議院選挙後見に行く

参議院選挙が終わり、私は今日の夜に上映しているDocument of AKB48を見に行きました。映画は、創立10年目を迎え現メンバーのステージとステージ裏の動向を取り上げています。歌はほとんどありません。 上映先は、TOHOシネマズや東宝上映可能な映画館です…

Document of 乃木坂46

Document of 乃木坂46と言う映画が、11日からTOHOシネマズで上映されます。Document ofシリーズは、AKB48とSKE48に続けて、乃木坂46とNMB48、HKT48が今年中に上映される予定です。唄は、あまり触れずに現役メンバーや卒業メン…

リチャード コシミズから見た日本の映画観

リチャードコシミズの尾道講演会が先週の土曜日に行われました。講演会は、小津安二郎の映画から見た日本文化の劣化です。リチャードコシミズが黒澤明や木下恵介、新藤兼人、小林正樹、今井正、山本薩夫を取り上げずに小津安二郎をチョイスしているか次のyou…

悼む人

私は、今日の午前中に悼む人を見ました。悼む人は、天童荒太の直木賞受賞作を映画化しました。監督は、堤幸彦です。 主人公の静人(高良健吾)が生死に出合う巡礼の旅先でドメスティックバイオレンスの傷を負う倖世(石田ゆり子)を知り合う中で生と死、愛の想い…