☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃に再開しています。ぶどう狩りは。8月10日に再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

リチャード コシミズから見た日本の映画観

 リチャードコシミズの尾道講演会が先週の土曜日に行われました。講演会は、小津安二郎の映画から見た日本文化の劣化です。リチャードコシミズが黒澤明木下恵介新藤兼人小林正樹今井正山本薩夫を取り上げずに小津安二郎をチョイスしているか次のyoutubeの録画でわかります。
イメージ 1
 労働組合や市民団体の幹部は、日本の映画がだめと理由から理想の労働像や理想の市民像を描いた映画の普及活動を推進します。
 標的の村と言う沖縄県北部の高江米軍ヘリポート基地演習反対の映画は、残念ながら沖縄派と言われるプロバガンダの匂いが強く、リチャードコシミズが指摘している左翼映画と言われても致し方ありません。
 私が山本薩夫の戦争と人間と言う映画、小林正樹の人間の条件と言う映画が各々の国家観や歴史観のベースになっています。
イメージ 2