☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃に再開しています。ぶどう狩りは。8月10日に再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

#ボランティア活動

日本テレビの24時間テレビに関する批判

日本テレビの24時間テレビへの批判は、ネットワークサービスやSNSにより公然と広がる。 批判の中心は、①視聴者からの募金の所在や②ゲストやレギュラーの出演料の受け取り、③障碍者の使ったマラソンや遠泳、登山とスポーツの酷使です。 様々な批判は、それ…

野党共闘内の選挙文化

私が野党共闘を進めるなかで共産党の選挙文化にのらないことを言及しました。共産党の選挙文化は、①わが党意識の強さや②他の政党の選挙文化の否定、③アクティビストのエリート意識の高さ、④選挙中の社会運動の抑制です。 一方、社民党や立憲民主党、国民民主…

メーデー集会のマスメディアの取り扱い

メディア各紙が昨日のメーデー集会の記事をのせられない事態になっています。メーデー集会の記事は、①2ページから3ページまでの総合解説面、②国際面、③社会面、④地域圏面の何れかに載せます。 メーデー集会の記事は、①会場場所と規模、大方の内容、②メーデ…

4月の連休やゴールデンウィークの時期の宿泊の会議や宿泊の交流集会

4月の連休やゴールデンウィークの時期の宿泊の会議や宿泊の交流集会は、意外に衣服換えや参加するための資料を持っていきます。移動は、新幹線や飛行機、高速バス様々です。 私が1990年代中盤から2000年代前半までゴールデンウィークの時期の市民団…

私自身の集会参加やデモ参加の冷ややかになる姿勢

私がデモ参加や集会参加について冷めた姿勢になっていることに異論を持たれる方は、やはり多い。そのような方は、野党や労働組合、市民団体に見られます。 デモ参加や集会参加は、集会やデモの主旨に賛同している方の顔合わせの場、参加者の近況を語り合う場…

来月辺りの集会とデモの参加誘発

これから集会とデモの参加誘発が参議院選挙やオリンピックの後から増えている。集会参加やデモ参加が元気の源!明日への活力!行動のビタミン剤!と言ったコピーは、もう劣化しています。 集会参加やデモ参加は、以前から述べているように①参加者間の顔見世…

どしゃ降りの雨の時の活動家の対応

一昨日の天気は、濃いグレーの雲が分厚い様相でした。どしゃ降りの雨が夕方辺り降りました。政党活動家や労働組合活動家、市民運動活動家が必死にどしゃ降り雨の時に会議の参加の呼びかけや集会参加の呼びかけをします。 このような時に参加する方は、①会議…

社会運動と芸術の一体化

私は、社会運動と芸術の一体化に応じられない。それは政党や労働組合、市民団体が機関決定によるイベントのチケットのノルマ達成とイベント成功のためのグッズのノルマ達成、出演者のイデオロギーの売り込みで集う層が固まってしまうからです。 芸事は、イデ…

選挙権の年齢引き下げの取り組み

参議院選挙から選挙権の年齢の引き下げが実施する前後の取り組みが高校や大学、駅前で行われています。取り組みは、①模擬投票や②各政党の公約政策のディベート、③駅前の選挙フェスティバルです。 今までの選挙活動は、高齢者層や選挙のコア層向きに片寄って…

政治活動、労働組合活動、市民運動の少数派活動の限界の突破

政治活動は、労働組合や市民運動に有りがちな「少数派運動でついていけない奴がダメな人」の位置づけになると、回りを振り返れば仲間が減っている現実に直面します。 労働組合や市民運動の少数派運動は、①会議の参加や行動の参加が自己犠牲が当たり前、②所帯…

墓参り

私と母が近所の墓地で父方の祖母の墓参りに行きました。墓参りは、父が母と一緒に自動車の運転で墓地まで行って行いました。父が認知症になってから墓参りに行けず仕舞いになっていました。 私と母は、行きをタクシーで行き、帰りを徒歩で帰宅しました。墓の…

左翼政党や労働組合、市民団体の幹部と活動家の芸術観と文化観の違い

左翼政党や労働組合、市民団体の幹部と活動家は、私の芸術観や文化観の違いが大きくなっています。これらの組織の方々が、健全文化の振興や組織像に噛み合った人間像を追及します。 私は、幹部の都合やご機嫌取りの芸術、メンバーのメンタル面の磨り減りの状…

労働組合の定着の困難さ

労働組合の運営が退職者による脱退や企業の倒産による解散、不当労働行為による脱退、方針の違いによる脱退で定着の難しさを抱えています。退職者による脱退は、長期的な組織拡大を怠ってきた負債です。労働組合の魅力を持たないのは、執行部が闘いの方針の…

労働組合の機関紙活動

組合機関紙は、組合費に代金が含まれています。大会方針は、全組合員に機関紙の特別号としてパンフレットで配布されます。 組合機関紙が本部主導のスピーカーの役割だけになると情報操作と官僚体質の温存になります。組合員からの便りやクイズ、写真の投稿が…

最近の集会と学習会のテンションと特徴

集会や学習会は、基本的に有料にしています。チケットは、政党や労働組合、市民団体に振り分けられて、金券の名で事前に購入しています。事前にチケット代が支払えない時は、現地で支払います。 集会参加者は、①会場で署名運動への記入や②集会成功の名の募金…

1990年代前半の労働組合青年部の活動のチラシ

この集会チラシは、1993年の大阪労連青年部の春闘集会の今後の取り組みのあら筋と集会後のデモ行進のコース、デモ行進の近辺マップを示しています。デモ行進は、パレードやウォークに改められ、集会が単なる加盟組合の青年部の報告から班別交流会と分科…

左翼伝説を信じる無理さ

私は、集会や学習会の①賛同カンパの支払いや②金券の名のチケットの強制購入、③賛同署名の回覧に反対します。それは、左翼伝説を信じる方々が見せかけの団結の姿勢や潤沢な資金の確保を前提に展開しています。 私の知り合いのオンブズ系地方自治体議員は、そ…

労働組合や市民団体の集会や学習会、レクリエーションの諸問題

秋の頃は、集会や学習会、レクリエーションが精力的に行われます。集会は、来賓や主催者の雄叫び合戦のセールスになります。このようなセールスは、カンパの名の募金の支払いで賄っています。私は、払いません。 学習会は、講師の有り触れた話しが参加者の質…

セントフォース主催の親子のための絵本読み聞かせと毎日放送主催の絵本の物語の世界

女性のフリーキャスターの芸能事務所のセントフォースが、10月8日に東京ミッドタウンで親子のための絵本読み聞かせと2011年の東北地方の地震復旧の募金のイベントを行いました。 セントフォースの所属の女性キャスターがほぼ参加して、チケットがソー…

日本の左翼の活動、運営の問題

社民党や新社会党、日本共産党などの既成の日本の左翼は、①減税日本や大阪維新の会などの草の根ファシズムや②地震と原子力事故のリンケージ、③みんなの党や自民党などのユダヤ金融グループによる新自由主義、④在特会などのえ右翼との対決を迫られています。…

地震と原子力事故のリンケージ論、ボランティアの組織化

私は以前、日本の左翼が、ブルジョア性と法律観念論の特徴を抱えていることを指摘しました。ほとんどの日本の左翼が、東北地方の地震と原子力事故をリンケージしていることとボランティアの組織化、募金を組織しています。 私は地震と原子力事故のリンケージ…

関西レインボーパレード2010

関西レインボーパレードは、毎年10月ごろにゲイやレズビアン、バイセクシャル、トランスジェンダーなどのセクシャルマイノリティーの参加者が御堂筋のパレードでセクシャルマイノリティーの社会参加や偏見の克服をアピールします。 実行委員会のメンバーは…

セントフォースの表参道での募金集めのイベント

セントフォースが、4月15日に表参道ヒルズで東北地方の震災での義援金のチャリティーイベントを行いました。所属のキャスターが交代でイベント参加者に義援金を呼びかけました。参加者は、2000人余りでした。金額は、178万2518円でした。 政党…

終末を唱える人々からの解放

イエスが言われた、「あなたがたは、惑わされないように気をつけなさい。多くの者がわたしの名を名のって現れ、自分がそれだとか、時が近づいたとか、言うであろう。彼らについて行くな。戦争と騒乱とのうわさを聞くときにも、おじ恐れるな。こうしたことは…

赤旗まつり

日本共産党の主催の赤旗まつりが、6日と7日の2日間で行われます。赤旗まつりは、1959年の11月8日に東京都内の浜離宮庭園で開催しました。場所が、調布市内や立川市内、大阪府の堺市内でも開かれました。 このイベントの目的は、日本共産党の機関紙…

全国青年大集会2010

全国青年大集会2010が、5月16日(日曜日)の13時30分に東京都渋谷区の明治公園で開かれます。主催は、全労連青年部や全労連加盟の青年部、民青同盟、首都圏青年ユニオン、全学連などです。 この集会は、非正規の若年層の労働者や正規の若年層の…

民主青年新聞

このタブロイド式週刊誌は、学生や若年層向けで発行されています。発行者は、日本民主青年同盟と言う日本共産党系の青年組織と言われる団体から出されています。この紙面は、今年の成人式会場前でのアンケート結果と新成人への聞き取りを取り上げています。 …

社民党大阪府連合常任幹事会の主催の学習会

社民党大阪府連合常任幹事会が、4月にかけて政策関係の学習会を開催します。学習会の日程は下記の通りです。 ①こどもの貧困とこども手当て(4月19日、月曜日)、②在日外国人の参政権と高校無償化(4月21日、水曜日)、③労働者派遣法と緊急雇用対策(…

おおさか社会フォーラムの成功を受けての遣り甲斐と批判

おおさか社会フォーラムが、3月21日と22日の2日間にわたって反グローバル活動から戦争反対の活動、非正規労働者の活動、教育活動、環境保護の活動などの議論やこれからの運動の方向性を出し合いました。 私は、このフォーラムが政党や労働組合の幹部本…

おおさか社会フォーラムの感想とこれから

主要な参加団体は、大阪労連やおおさかユニオンネットワーク、アタック関西が中心になって政治の主張や運動のスタイルの違いを超えておおさか社会フォーラムの実現にこぎつけました。 私は、反グローバルな経済政策とこれからの若年層の労働組合運動のスタイ…