☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

茨木市会議員選挙始まる

 茨木市会議員選挙が1月15日告示、22日投開票で行われました。定数が30から28に削減されました。立候補者が43名です。立候補の内訳は、自民党4名、公明党6名、民進党2名、共産党4名、大阪維新の会9名、諸派3名、無所属15名です。
イメージ 1
 今回の選挙は、①大阪維新の会出身の木本保平前市長の経営している親族の市民税滞納の百条委員会の再開、②前回の市会議員選挙の公営掲示板のポスターの公費負担の水増しの中止、③国民健康保険料や介護保険料の高さ、④下水道料金の高さと大阪維新の会主導の市政運営の根絶を問います。
 福岡洋一新市長の下の市政運営は、大阪維新の会主導市政から脱却するのではなく自民党公明党大阪維新の会の連合の市政運営に変わりました。
 茨木市会議員選挙は、①大阪維新の会主導の自治体運営を止める、②大阪維新の会自民党公明党の連合市政を止めさせる、③地方自治体議員選挙の公費補助の水増しを止める、④住民の生活や住みやすさを保証する、⑤地方自治体議会の独善運営と混乱をさせない、⑥政務活動費の不正な使途を改める、⑦ユダヤ金融による日本支配を許さない拠点の意味を持っています。
 新社会党の山下けいきと共産党の四人、平和と民主主義を目指す全国交歓会出身の無所属の山本よしこ、NHKから国民を守る党の立花孝志のそれぞれの候補者の当選が大阪維新の会主導の茨木市政運営のストップの道筋の保証にします。
イメージ 2
イメージ 3