☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月ごろに再開の予定です。ぶどう狩りは。8月ごろの再開の予定です。よろしくお願いします。

大都市地域における特別区の設置法に基づく大阪市の行政区再編を問う2度目の住民投票

 大都市地域における特別区の設置法に基づく大阪市の行政区再編の制度案が、8月28日に大阪府議会と9月4日に大阪市議会で審議されました。
 大阪府議会では、出席定数86人の記名投票で採決を行いました。制度案は、大阪維新の会公明党自民党の5人の賛成多数で可決しました。
 賛成が、大阪維新の会49人、公明党15人、改革保守1人、創生保守1人、自民党5人の計71でした。反対が、自民党19人、共産党4人、市民第一2人の計25人でした。f:id:budou102000:20200223075843j:plain

 大阪市会では、出席定数82人の記名投票で採決を行いました。制度案は、大阪維新の会公明党の賛成多数で可決しました。大阪維新の会39人、公明党18人の計57人でした。反対が、自民党19人、共産党4人、市民第一2人の計25人でした。
 大阪市の行政区再編を問う2度目の住民投票が、両議会で可決成立を受けて10月12日告示、11月1日投開票の実施で行われると予想されます。
 再編の中身は、①現在の大阪市の行政区を淀川区と北区、中央区天王寺区に再編、②住民基本台帳や個人番号、国民健康保険、住民票、戸籍謄本などのシステム改修について移行を前提になっています。
 大阪都構想の実現の狙いは、①大阪市の財政を利用した利権の再配分の競争の激化と②特別区への大阪府の特別交付金の緊縮、③福祉や教育、医療を含めた住民サービスの低下、④大阪府の権限強化、⑤大阪府全体の財政規模の縮小です。
 住民投票が、万が一衆議院選挙とぶつかれば①野党共闘を進める市民連合と②大阪維新の会反対勢力の共闘を作らなければ賛成多数の結果に目に見えます。住民投票衆議院選挙のダブルは避けなければなりません。
 大阪維新の会反対勢力は、①市民と野党の共闘グループと②自民党内の大阪都反対グループ、③労働組合や市民団体の大阪都反対グループ、④公明党の支援者や大阪維新の会の支援者の中で両党の運営に疑問を持つ方が協力しながら団結を強めなければなりません。

f:id:budou102000:20200402145503j:plain

f:id:budou102000:20191013210158j:plain