☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃に再開しています。ぶどう狩りは。8月10日に再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

新潟県知事選挙の結果から見た社会の真相

 新潟県知事選挙が10月16日投開票されました。米山隆一医師(自由党社民党共産党の推薦)が、森民生前長岡市長(自民党公明党推薦)を下し当選しました。今回の選挙は、泉田裕彦新潟県知事の辞任を受けて行われました。
イメージ 1
 民進党は、連合新潟の関係から自主投票の姿勢を決めたものの、国会議員や地方t自治体議員、支援者レベルで米山隆一氏を支援を行いました。
 ①期日前投票の無効票記入活動の停滞や②当日開票の時の票仕訳器、票係数器の活用の失敗、③投開票前の偽装調査の失敗が不正選挙の実施の停滞ないし失敗になっています。
 新潟県原子力発電所は、東京電力の関東地域を含めた送電の拠点と言われていますが、①小型原子力爆弾の材料の製造と②偽装事故騒動を引き起こす、③地震発電所事故リンケージによる国民洗脳の役割と機能を持っています。
 与野党には、①不正選挙否定論者や②陰謀論に目を向けるなと言う統制、③訴訟や異議申し立てによる嫌がらせを行いいます。今回の選挙の結果は、不正選挙否定論の機運だけでなく、日露首脳会談でのお手柄解散に反撃されることが予期される。
 結果の評価は、原子力発電の再稼動反対に留まらず、不正選挙の実態の広がりに対する情報操作や日露首脳会談での手柄に手放しに評価できないことを示唆していると言わざるを得ない。
イメージ 2
イメージ 3