☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃に再開しています。ぶどう狩りは。8月10日に再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

新潟県知事選挙の結果から1パーセントオリガーキの日本支配の現状

 米山隆一新潟県知事の辞職に伴う新潟県知事選挙が10日投開票しました。花角英世元新潟県副知事(自民党公明党支援)が池田千賀子前新潟県会議員(立憲民主党、国民民主党共産党自由党社民党推薦)、安中聡前五泉市会議員に競り勝ちました。
イメージ 1
 選挙の争いは、①東京電力柏崎原子力発電所の再稼働の是非や②上中下越格差是正、③農業の衰退の解決です。
 花角英世は、柏崎原子力発電所の再稼働に触れずににわか原子力発電所ゼロと言った世論操作だけでなく、期日前投票の活用による競り合いを展開しました。
 一方、池田千賀子は、立候補表明ぎりぎりになって決めたにもかかわらず、野党共闘の立場で花角英世の欺瞞性と組織締め付けを明らかにしました。
 私は、新潟県外から見て①東京電力新潟県内の地方自治体、関連企業の利権体質の確保のために期日前投票がフルに活用している、②総務省やムサシ、グローリーの不正な選挙窃盗の実行、③原子力発電所の利権が平気で行われる安倍晋三首相の姿勢が選挙を通して見えています。
 安倍晋三首相が新潟県に来なかった真意や花角英世の争点暈しは、1パーセントオリガーキの日本支配を操るユダヤマフィア(ユダヤ金融、ハザールマフィア、ニューコート帝国を含む)のシナリオ通りに動いています。それは、米山隆一新潟県の辞職が1パーセントオリガーキの情報源から物語っています。
 野党共闘の勢力は、いち早く1パーセントオリガーキの日本支配の狙いを理解して、自民党公明党の連立政権の崩壊することを目指して政権交代に向けて全力に取り組まなければならない。
イメージ 2
イメージ 3