☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、9月に店じまいしました。ぶどう狩りは。10月15日で終了しました。来年もよろしくお願いします。

東京都知事選挙の後半を迎える

 東京都知事選挙が7月14日告示、7月31日投開票で行われて後半に差し掛かりました。。戦後71年のユダヤ金融による東京支配が、新たな段階に差し掛かっていることを示しています。
イメージ 1
 今回の選挙は、①東京オリンピック誘致を巡る贈収賄の解明や②パナマ文書の真相隠しに纏わる東京都の関与の有無、③参議院選挙に続くの不正選挙の実行の可否、④山の手や下町、北多摩、西多摩、南多摩、島しょ地域の間の財政格差の是正、⑤米軍横田基地ユダヤ金融による軍事戦略と麻薬密売の一体化を問います。
 主な立候補者は、増田寛也岩手県知事(自民党公明党日本のこころ推薦)と小池百合子衆議院議員(かがやけTokyo支援)、鳥越俊太郎フリージャーナリスト(民進党、生活の党、社民党共産党、東京生活者ネットワーク推薦)の3氏です。
 増田寛也小池百合子は、ユダヤ金融の世界支配の組織のCSRが対日支配の対策部門のCSISを使って、今年二回にわたって東京都内で早朝講演会の成果を踏まえた系統的な対策のために送り込まれた方々です。鳥越俊太郎は、ユダヤ金融の日本支配を進める障がいになることを明確になったために電通満州通信社)を通じて様々なスキャンダルネタで情報操作に晒されてします。
 選挙戦は、①電通主導の世論偽装調査や②電通主導の出口偽装調査、③期日前投票で票の改ざん、④開票時の票の改ざんが組み合わせてユダヤ金融の日本支配に言うことを聞ける候補者の当選に進めます。野党共闘は、それらの組み合わせたの解明が不可能な運命を持っています。
 東京都知事選挙が、①世論偽装調査に振り回されないこと②出口偽装調査に動揺しないこと、③ユダヤ金融による日本支配に同調しない都議会内の勢力の拡大のきっかけにすること、④人工地震や人工異常気象に振り回されない議員の拡大や都知事の誕生、⑤2011年の福島第一原子力発電所爆発事故事故原因の真相を明らかにできる都知事の誕生で有楽町時代から新宿移転までの東京都庁汚職の伏魔殿の伝説の解消の機会を実現できるようにしよう。
イメージ 2
イメージ 3