☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃に再開しています。ぶどう狩りは。8月10日に再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

尼崎市会議員選挙の結果

 尼崎市会議員選挙が、6月16日投開票で行われました行われます。公明党の9人上位当選や日本維新の会の4人当選、みんなの党の1名当選は、尼崎におけるユダヤ金融による自治体支配の足がかりになる様相を示しています。自民党保守系無所属議席の確保は、ユダヤ金融による自治体支配が進行されます。
 社民党の2議席確保や日本共産党の7議席確保、緑の党の3議席確保、新社会党関係の1議席確保、市民運動系の1議席確保、民主党の2議席確保は、ユダヤ金融との関わりを持っていますが、ユダヤ金融による自治体支配が進みづらさを抱えています。
イメージ 1
 ①教育や福祉、市バスの民営化や②国民健康保険料の引き上げ、③尼崎労働福祉会館の廃止、④小中学校の放課後使用の有料化、⑤中学校給食の外注化、⑥尼崎市の施設の再編が今度の選挙の争点になると予想されました。2010年11月の同市長選挙で当選した稲村和美市長は、白井文前市長を受け継いで財政再建の名の民営化推進と橋下徹大阪市長の市政運営に共感するなど新自由主義に基づく行政に舵を切りました。尼崎市は、①公明党自民党が市内の裏社会を支えていること、②ユダヤ金融による兵庫県阪神地域の自治体支配の中心になっています。
 尼崎市議会は、1993年当たりに不正な出張費の支出が全部の会派に対する疑惑の渦中になっていました。すべての尼崎市会議員が辞職しました。全員辞職後の選挙が1993年6月になって市議会の情報公開を問われました。公明党自民党日本維新の会みんなの党が今後稲村和美市長の市場経済第一の市政運営を支えてきます。
 尼崎市政の構図は、大方から見て①稲村市長をサポートする勢力(新社会党緑の党市民運動系)、②稲村市長の問題点を批判する勢力(日本共産党)、③稲村市長を大枠で支えている勢力(日本維新の会みんなの党社民党民主党)、④保守市長に返り咲きたい勢力(自民党公明党)です。
 尼崎市会議員選挙の結果は、①稲村和美市長の市場経済に基づく民営化と外注化の推進、市民への負担強化に対峙する姿勢と②ユダヤ金融による地方自治体支配に対する姿勢、③1993年6月以来の不正を再発させない姿勢、④住民の生活が第一を基本にした議会の確立、⑤財政再建の名による尼崎市の解体をさせないことが求められています。
イメージ 2
イメージ 3