☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃に再開しています。ぶどう狩りは。8月10日に再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

臨時国会閉幕する

 臨時国会が10月24日から12月10日まで行われました。この国会は、①2018年度補正予算と②入国管理法改定、③水道法改定、④漁業法改定を審議されました。
イメージ 1
 2018年度補正予算案は、11月7日に参議院本会議で全会一致で成立しました。2018年度一般会計補正予算は、9656億円の規模です。歳出は、①2018年7月の豪雨への復旧5034億円や②2018年の北海道地震への復旧1188億円、③台風21号及び大阪北部地震への復旧復興1053億円、④小中学校の冷暖房設備822億円、⑤小中学校のブロック塀の補強259億円、⑥予備費の追加1000億円です。歳入は、①建設国債6950億円と②税外収入42億円、③前年度剰余金受け入れ2364億円です。
 補正予算の審議後の臨時国会の後半は、入国管理法改定と水道法改定、漁業法改定の審議されました。三つの法案は、自民党公明党日本維新の会の成立のための協力で①外国人労働者と日本の労働者の対立による分断策や②外国マフィアの支配の促進、③TPPによる外国企業の支配、④日本の食生活への危機的状況、⑤地方自治体の会計への支配介入などハザールマフィアやニューコート帝国の日本の非常事態に導くためです。
 入国管理法改定の審議は、衆議院法務委員会で11月27日に行われました。自民党公明党日本維新の会が、法案の修正の上の成立を条件に衆議院本会議で同日に可決で参議院に送付させました。立憲民主党や国民民主党共産党自由党社民党無所属の会未来日本希望の党衆議院本会議で反対しました。
 参議院での入国管理法改定の審議は、11月28日に行われました。参議院の審議は、法案審議のための資料の改ざんが目だちました
 。しかし、自民党公明党日本維新の会が、衆議院での審議と同じく法案成立を条件に12月7日に参議院法務委委員会での採決に続いて、参議院本会議の12月8日の午前4時ごろの採決は、自民党公明党日本維新の会、無所属クラブの賛成で可決成立をさせました。立憲民主党や国民民主党共産党自由党社民党沖縄の風希望の党が反対しました。
 今年の通常国会臨時国会は、ハザールマフィアやニューコート帝国がアメリカやアジア、ヨーロッパへの支配ができなくなる下で日本の支配で危機的状況から日本の資産の略奪や人口削減、軍産複合体による日中戦争や日朝戦争引き起こし、日本経済の衰退、地方自治体の財政破綻に導いていると明らかになりました。
イメージ 2
イメージ 3