☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃に再開しています。ぶどう狩りは。8月10日に再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

フランス大統領選挙の第一回目の結果、民族保守と新自由社会派の決戦投票

 フランス大統領選挙の第一回目のが4月23日投開票で行われます。23日の第一回目選挙に立候補の主な方々は、①フランソワ フィヨン元首相(共和党)、②エマニュエル マクロン前経済産業デジタル大臣(前進)、③ジャン リュック メランションヨーロッパ連合議員(左翼党)、④マリーヌ ルペンヨーロッパ連合議員(国民戦線)、⑤ブノワ アモン前国民教育大臣(社会党)です。
イメージ 1
 5月7日の決選投票は、マリーヌ ルペンヨーロッパ連合議員(国民戦線)とエマニュエル マクロン前経済産業デジタル大臣(前進)の②氏が争うことになりました。これは、①ヨーロッパ連合によるユダヤ金融の支配の効き目がなくなったことと②フランス滞在が不明な移民の増大、③共和党フランス社会党の市場社会に基づく政権交代に飽きたこと、④テロ騒動への毅然とした態度の現れです。
 大統領選挙の立候補の資格は、①23歳以上のフランス国籍を持つフランス人であること、②30県以上の市町村長、地域圏議会議員、県議会議員、国会議員、欧州議会議員の推薦人500人が必要です。一回目の投票で過半数を獲得する候補者がいなかった場合は上位2名による2回目投票(決選投票)が行われます。
 第一次投票を巡る予想は、①民族保守のマリーヌ ルペンと②新自由社会派のマクロン、③フランスの保守政党のフランソワ フィヨン、④フランス共産党とや左翼党による左翼戦線のメランション43名に絞られました。これは、①ユダヤ金融のフランス支配の維持と②ヨーロッパ連合の維持、③2025年のディーゼルエネルギーの廃止と原発半減、④大麻合法化、⑤第6共和制の実現です。
 ユダヤ金融は、フランスの支配のために①ヨーロッパ連合の結成によるドル基軸経済の維持と②脱原発を利用したアラブ地域の石油燃料による電力維持、③不正選挙を前提にしたフランス政党の間のマッチポンプ、④人工地震、人工異常気象による経済テロによる世論形成、⑤ISによるテロ騒動を強めています。
 フランス大統領選挙の結果は、①市場経済第一による庶民の経済格差の是正と②ヨーロッパにおける原子力発電からの離脱、③ユダヤ金融によるドル基軸経済からの脱却、④アメリカや日本などの先進国における市場社会第一に影響を受けます。
イメージ 2
イメージ 3