☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月ごろに再開の予定です。ぶどう狩りは。8月ごろの再開の予定です。よろしくお願いします。

2022年フランス大統領選挙の結果とヨーロッパのディープステートの支配

 2022年フランス大統領選挙が4月10日に1回目投票、4月24日に決選投票で行われました。この選挙は、フランスの第五共和制の首班を決めます。


 この制度は、①18歳以上の選挙権及び被選挙権を持つフランス市民と②フランス内の30県以上から5000人以上の(市長、地方自治体議員など)推薦の署名、③任期5年再選1回のみ、④第1回投票で有効投票総数の過半数が得られない時上位2名の決戦投票を実施で成り立っています。
 第1回目投票には、共和国前進のエマニュエル マクロンフランス大統領と国民連合のマリーヌ ル ペン元ヨーロッパ連合議員、屈しないフランスのジャン リュック メランション国民議会議員を含む12名が立候補しました。この投票には、マクロン27.80%、ル ペン23.10%、メランション22.00%の得票の割合のために24日の決選投票になりました。
 選挙の争点は、①大量の移民に対する教育や社会保障、都市整備を含む政策の是非と②ロシアとウクライナの間の紛争の影響に対する姿勢、③新型コロナウイルスの医療対策です。
 決選投票は、エマニュエル マクロンフランス大統領と国民連合のマリーヌ ル ペン元ヨーロッパ連合議員が競り合いました。
 エマニュエル マクロンフランス大統領が、国民連合のマリーヌ ル ペン元ヨーロッパ連合議員と競り合って2期目の当選になりました。
 マクロンの当選は、①ウラジミール プーチンロシア大統領のウクライナ紛争での追い落としの世論形成と②ヨーロッパ連合NATOの東方進出の推進、③現金経済から暗号通貨への強制、④移民への厚遇維持と出入国管理の規制の緩和、⑤中間層から高所得者層の優遇の強化、⑥選挙におけるいかさま選挙の実行で行われたからです。
 マクロンを応援してきたフランス社会党やメランションと決選投票で連携したフランス共産党、屈しないフランス、ヨーロッパエコロジー、反資本主義党が、マクロン反対勢力とルペン反対勢力となって大統領選挙だけでなく第5共和制の国民議会選挙で左翼連合に似た形態の野党共闘の実現の可能性を持っています。
 マリーヌ ル ペン元ヨーロッパ連合議員は、第5共和制の国民議会選挙で保守政党共和党、中道政党の民主運動、共和国前進中道左派フランス社会党フランス共産党、左派政党の屈しないフランスと政党と争います。
 国民連合は、ヨーロッパ連合容認の共和党、民主運動、共和国前進中道左派フランス社会党ヨーロッパ連合に距離を置くフランス共産党、左派政党の屈しないフランスに対置して、①移民対策の厚遇を抜本的に改めて、②ロシアを含むユーラシア規模の安全保障の確立、③フランス国民フランス市民を基本にした教育や社会保障、所得補償を含めた国会政策の抜本的充填の骨幹の政策を掲げる民族保守です。
 フランスを含むヨーロッパ社会は、ロスチャイルドファミリーの金融と軍事、個人、移民拡大で分断と憎悪を引き起こしながら支配を強めています。
 ユダヤ金融の世界支配は、フランス大統領選挙やドイツ連邦議会議員選挙、ウクライナ紛争で弱体化に向かっています。