☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃に再開しています。ぶどう狩りは。8月10日に再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

フランス州議会議員選挙

 フランスの州議会議員選挙が12月6日と13日の二回に分けて一斉に行われました。極保守の国民戦線が愛一回目の投票で首都のパリやリオン等の北部地域で過半数になる勢いづきました。州議会議員選挙は、一回目の政党単独の選挙で行われて、得票率10パーセント以上を得たの政党が二回目の選挙で単独ないし連合で進出できます。
イメージ 1
 国民戦線は、①イスラム地域からの移民受け入れ拒否や②ヨーロッパ連合脱退、③TIPP(環ヨーロッパ経済貿易協定)加盟反対、④ユーロ貨幣からの離脱を訴えてかつてのアンチユダヤ主義の主張からアンチユダヤ金融に転換しました。
 フランスの二回目の州議会議員選挙の二回目は、12月13日に投開票されました。一回目の政党の比例代表の投票では、国民戦線が13州の内6州で過半数を越える得票になりました。二回目の政党連合の比例投票は、フランス社会党が共和国連合の選挙協力議席過半数を維持しました。国民戦線は、得票が停滞しました。
 フランス社会党は、フランス共産党や左翼党の左翼連合、緑の党との結束を緩めて、かつての政敵の共和国連合と第二回目の投票で連携を強めました。
 隠れユダヤ人が主導でユダヤ金融のヨーロッパ支配のために不正選挙の実行を企てます。フランス政界は、①共和国連合やフランス民主連合等の保守中道連合、②フランス社会党フランス共産党、左翼党等の左翼連合、③エコロジカルの緑の党ユダヤ金融から資金ないし人材に援助を受けています。ヨーロッパ連合の中心のフランスは、経済不安と緊縮財政、ユダヤ金融による戦争の策略の翻弄を受けています。
 国民戦線は、日本ではおおさか維新の会や次世代の党、民主党内の保守派、自民党と同一な極保守の部類になっています。おおさか維新の会や次世代の党、民主党内の保守派は、ユダヤ金融の日本支配を支えている隠れ朝鮮と元部落の少数派社会の利益を代表しています。
 フランスの州議会議員選挙の結果は、ユダヤ金融のヨーロッパ支配の揺らぎが不正選挙の実施で表れました。ユダヤ金融のヨーロッパ支配を支えている勢力、ユダヤ金融のヨーロッパ支配に抗する構図が浮かび上がります。フランスの様々な政党がユダヤ金融からの支配を受けない、隠れユダヤ人が政界の中枢を担わない姿勢を持たないと政治不安と社会不安が増幅されます。
イメージ 2
イメージ 3