☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃に再開しています。ぶどう狩りは。8月10日に再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

フランス立法院下院議員選挙の結果

 フランス立法府下院選挙が6月11日(第一回目投票)と6月18日(決戦投票)で行われました。総選挙の主な勢力は、①共和国前進と民主運動を含む中道連合と②共和党と民主独立連合を含む中道保守連合、③社会党と左翼急進党を含む社会民主主連合、④共産党や左翼党を含む不服従のフランス、⑤国民戦線(民族保守)です。
イメージ 1
 フランス立法府下院選挙の特徴は、大統領選挙と同じように①ヨーロッパ連合によるユダヤ金融の支配の効き目がなくなったことと②フランス滞在の理由が不明な移民の増大、③共和党フランス社会党の市場社会に基づく政権交代に飽きたこと、④テロ騒動への毅然とした態度の可否です。
 6月11日に行われた第1回目投票は、有効投票のうち有権者の2.8パーセントの得票数の候補が①共和国前進と民主運動を含む中道連合2議席と②共和党と民主独立連合を含む中道保守連合議席、③社会党と左翼急進党を含む社会民主主連合(中道左派)1議席と合計4議席に留まりました。残りの573議席が、6月18日の決選投票で争われました。
 決戦投票(定数577)の結果は、①共和国前進と民主運動を含む中道連合350、②共和党と民主独立連合を含む中道保守連合136、③社会党と左翼急進党を含む社会民主主連合(中道左派)46、④共産党や左翼党を含む不服従のフランス27、⑤国民戦線(民族保守)8、⑥その他(緑の党地域政党、民族保守を含む)が内訳です。
 フランス立法府下院選挙の結果は、①ユダヤ金融によるのフランス支配の維持と②ヨーロッパ連合の維持、③現金経済からクレジットカード経済への強制、④出入国管理の規制の緩和、⑤高所得者層の優遇の強化に共感を受けたフランス共産党や左翼党で構成されている不服従のフランスの急進左派の議席の伸び、⑥民族保守の国民戦線議席増加をさせないための不正選挙の実施でした。
 ユダヤ金融は、フランス大統領選挙や同国立法府下院選挙通じて①ヨーロッパ連合の結成によるドル基軸経済の維持と②脱原発を利用したアラブ地域の石油燃料による電力維持、③不正選挙を前提にしたフランス政党の間のマッチポンプ、④人工地震、人工異常気象による経済テロによる世論形成、⑤ISによるテロ騒動が強まります。
イメージ 2
イメージ 3