☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

フランス大統領選挙決戦投票の結果

 フランス大統領選挙の決戦投票が5月7日投開票で行われました。決戦投票の立候補者は、①エマニュエル マクロン前経済産業デジタル大臣(前進)と②マリーヌ ルペンヨーロッパ連合議員(国民戦線)です。
イメージ 1
 当選者は、エマニュエル マクロン前経済産業デジタル大臣(前進)でした。投票の割合が65パーセント対35パーセントになりました。
 フランス大統領選挙の特徴は、①ヨーロッパ連合によるユダヤ金融の支配の効き目がなくなったことと②フランス滞在の理由が不明な移民の増大、③共和党フランス社会党の市場社会に基づく政権交代に飽きたこと、④テロ騒動への毅然とした態度の現れです。
 マクロンの当選れは、①ユダヤ金融によるのフランス支配の維持と②ヨーロッパ連合の維持、③現金経済からクレジットカード経済への強制、④出入国管理の規制の緩和、⑤高所得者層の優遇の強化に共感を受けたフランス共産党や左翼党で構成されている左翼戦線を除く共和党フランス社会党の両党の協力関係を密に行われたからです。
 ユダヤ金融は、マクロン新大統領を通じて①ヨーロッパ連合の結成によるドル基軸経済の維持と②脱原発を利用したアラブ地域の石油燃料による電力維持、③不正選挙を前提にしたフランス政党の間のマッチポンプ、④人工地震、人工異常気象による経済テロによる世論形成、⑤ISによるテロ騒動が強まります。
イメージ 2
イメージ 3