☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃に再開しています。ぶどう狩りは。8月10日に再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

来年の統一自治体議員と真の選挙戦略

 私は、社民党の党員や支持者からから来年の統一自治体議員選挙のことを聞かれます。社民党の理念と政策がすんなり受け入れる時代でなくなっています。そして、これらを受け入れられる世代は、高齢者の一部ぐらいで殆ど受けいられません。
 社民党を含む日本の左翼が、国会で安倍政権と対峙するために野党のバラツキの克服を拒否しています。結いの党と日本維新の会の合同は、社民党民主党の一部を除いた勢力を基礎として政権交代を再び実現するためです。小沢一郎生活の党代表は、民主党の軸になる野党のバラツキを克服するこ、結いの党と日本維新の会の合同が政権交代を担えることを注目しています。
イメージ 1
 私は、7日の生活の党の小沢一郎代表の安全保障及び自衛権行使のあり方についての講演の動画を見ました。講演は、①日本国憲法の第九条の下の自衛権、②内閣法制局の解釈のいい加減さ、③国連憲章と第9条との関わり、④軍事戦略からの九条の位置づけを明らかにしています。講演の内容は、安倍政権や石原慎太郎社民党共産党新左翼方々が苦渋に満ちた表情になります。
 小沢一郎は、社民党共産党、えせ右翼のようなアンチ橋下、アンチ大阪維新の会として目の敵にしていません。橋下徹大阪市長大阪府知事の時に地域主権についての意見交換の時に小沢一郎民主党の幹事長時代に会っただけです。大阪都構想と都の区割りは、小沢一郎を含め永田町界隈から見ると大阪の独特な問題になります。
 小沢一郎は、左翼でなく自民党離党時代から①対等な日米同盟とアジアの関係重視、②日本周辺の事態に置ける自衛権の発動の姿勢です。社民党共産党新左翼、その他左派は、そんなような小沢一郎の姿勢を恨み辛みになっています。日本の左翼は、観念的平和戦略で共有しているのでユダヤ金融の軍事戦略が理解できないために行き詰っています。
 小沢一郎は、また民主党海江田万里代表が①再度政権交代のためのやる気、②やる気を裏付けられた戦略を掲げることを試しています。日本維新の会と結いの党の合同は、新たな政権交代の戦略がなければまた失敗します。日本維新の会は、共産党社民党民主党の一部を毛嫌いしているので野党のばらつき克服に期待できません。
 社民党は、民主党幻滅論やアンチ小沢一郎に拘るならば国政選挙や地方自治体議員選挙で大きく後退さぜるを得ません。私は、社民党議席拡大と言う芯小膨大な戦略にくみせず、ユダヤ金融による日本支配から脱却して日本の自立に向けた戦略で日本の自立を担える国会議席地方自治体議員の拡大を目指していきます。
 社民党ユダヤ金融の関係を絶ちきらない限り、庶民から見捨てられます。リチャードコシミズの講演会の動画や書籍にはユダヤ金融の世界戦略がわかります。社民党を含む日本の政党も然りです。日本の自立を担える国会議員と地方自治体議員の誕生は、保守やリベラル、共産主義社会民主主義、緑グループを問わない新しい分類の政治勢力になります。
イメージ 2
イメージ 3