☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

労働組合の団結の基礎、幹部の資質、真の魅力とは

 労働者は、自宅から会社まで職場に通い、職場で仕事に取り組み、仕事の合間に食事を摂り、仕事を終えて帰宅すると言う生活スタイルに入ります。賃金を得るために労働力を売ることが労働者の使命です。
 経営者は、労働者が労働力を売る分以上に剰余価値の商品を作る使命を持っています。剰余価値を産み出すためには労働者に長時間労働や時間辺りの労働力の価値を落としたり、職業病の発生させる等、経営者は、利潤を上げるために何でもありです。
 労働者が職場の労働条件の低下や人間以下の扱い、災害に対して労働組合に加入する団結の姿勢を示す以外にありません。労働者の団結は、労働組合の加盟を前提に同じ職場の辛さや企業に対する不満を持つ志を共有できる姿勢です。
 労働組合の幹部は、執行委員会の闘いの方針の決定を通じて労働組合の司令塔の護民官の役割を果たします。幹部の能力は、職場の実態を素早く理解できること、職場の問題の解決法を示すことができる、倒産や組織分裂の困難な時に戦略を立てられること、組合員の悩みに聞ける能力を持っていることです。
 労働組合は、年功序列の組織運営や機関決定重視から産み出される保守性、男性幹部中心になっています。労働組合の闘争の経験は先輩の幹部から理解できないところがあれば質問する、失敗を怖がらない、物事を認識する労働組合の基礎理論を身に付ける、職場の仲間から交流をする中で成長します。労働組合の闘争経験は、ある意味手工業のような職人技と勘、デッサンを描ける、物を組み立てるなど物を作ることと似ています。
 労働組合の活動の魅力は、国会議員の活動や地方自治体の活動と違って職種や雇用、性別、国籍の違う労働者と苦楽を共に、人間の自立した生き方、人間らしく生きれる条件の底上げ、労働者の健康第一にしていく労働を経営者と闘う中で作り上げることです。
イメージ 1