☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃に再開しています。ぶどう狩りは。8月10日に再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

堺市長選挙の結果、自治体支配の戦略の変更

 堺市長選挙の投開票が29日に行われました。現職の竹山修身氏が前堺市会議員の西林克敏を打ち破って当選しました。選挙の争点は、橋下徹大阪市長が提唱している大阪都構想大阪市だけでなく堺市にまで拡げる二重行政解消の名の政令指定都市の根幹に関わる自治体の存亡の是非です。
イメージ 1
 選挙は、その他に大阪都構想の他に教育や医療、保育、福祉、地域経済、文化、交通網等の個別政策が住民にとって必要なことを問っています。
 大阪都の設立の狙いは橋下徹大阪市長大阪都財政破綻に導き、関西州のリーダーに就任するためです。ユダヤ金融が橋下徹大阪市長石原慎太郎衆議院議員を使って地方自治体の財政を食い物にして、大阪府から戦争経済に導くために戦略を打ち出しました。橋下徹大阪市長が、ユダヤ金融による自治体支配の協力者の役目を切り捨てられました。
 竹山修身氏は、堺市の相乗り政治の打破のために当選しましたが、大阪都実現のために結成した大阪維新の会に参画せずに民主党の推薦、自民党大阪府連の支持に加えて共産党の支持、社民党の支持が加わり大阪都への編入にノーの姿勢を貫きました。
 堺市長選挙の結果は、①日本の裏社会がユダヤ金融による自治体支配の戦略通りに失態したこと、②住民自身が自治体の方向決めること、③ユダヤ金融と闘うための戦略を示したのです。
 この選挙を受けて地方自治体は、①ユダヤ金融による自治体支配からの脱却と②大阪維新の会による大阪都構想の実現の断念、④政令指定都市を含めた地方自治体の役割と住民との関係の改善、⑤独裁的な自治体運営の是正が問われています。
 堺市長選挙の意義は、①住民の生活が第一の福祉・教育・医療の制度の充実、②住民が自分自身の頭で住民の要求の練り上げられる自治の確立、③地域経済の活性化が出来る戦略、④同和地域と一般地域での制度の水準の底上げ、⑤安心でや住みやすい都市計画のの確立が中心になります。大阪維新の会との対決姿勢を取っている現職議員や予定候補者が9月議会に向けて地方自治体の議会の確立と安定した財政の確立に向けて取り組みましょう。
イメージ 2
イメージ 3