☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

アブラハムと神との契約

 神は、アブラムに土地と数えきれないほどの子孫を与えると繰り返し約束されました。この約束は、神とアブラムの間で荘厳な契約という形をとります。主はアブラムに現われて言われた。「わたしは全能の神である。あなたはわたしに従って歩み、全き者となりなさい。わたしは、あなたとの間にわたしの契約を立て、あなたをますます増やすであろう。」アブラムはひれ伏した。
 神は更に、語りかけて言われた。「これがあなたと結ぶわたしの契約である。あなたは多くの国民の父となる。あなたは、もはやアブラムではなく、アブラハムと名乗りなさい。あなたを多くの国民の父とするからである。わたしは、あなたをますます繁栄させ、諸国民の父とする。王となる者たちがあなたから出るであろう。わたしは、あなたとの間に、また後に続く子孫との間に契約を立て、それを永遠の契約とする。そして、あなたとあなたの子孫の神となる。わたしは、あなたが滞在しているこのカナンのすべての土地を、あなたとその子孫に、永久の所有地として与える。わたしは彼らの神となる。
創世記17章1節から8節
 アブラムが99歳のころに神からイスラエルを代表して契約を結ぶと同時にアブラハムと解明するように命じられました。アブラハムと言う名前は、イスラエルの国民の父の所以です。神はアブラハムに神を信じるだけでなく割礼を受け、神とともに生きる約束をそくしたのです。
 最近の改名は、占いによる方法とパートナー同士で選択する方法です。クリスチャンは、両方の方法を選ばずに割礼による婚姻でなく、無割礼の婚姻でお互いのキリストの家族の一員としての改名を行うのです。
 アブラハムは、ユダヤ教キリスト教ユダヤ教において唯一の神を信じた方と位置づけています。キリスト教における神との契約は、①聖書の御言葉に忠実であること、②礼拝に出席して御言葉をかみ締めること、③礼拝における祈りで神からの霊的なエネルギーを取り入れること、④礼拝に集う人たちと神との交わりを行う、⑤世の人々の肉における生活の影響を受けないようにすることです。
 キリスト教における礼拝の後退は、クリスチャンの目先の華やかさや明るさ、楽しさを求めることが大勢を占められ、聖書や神との契約から離れているからです。私たちは、アブラハムと神との契約から 目先の華やかさや明るさ、楽しさを求めることでなく一見地味に見える礼拝生活に専念し、神とともに生きる約束を結ぶことを知ることです。
イメージ 1