☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

労働組合の実践の取り組む姿勢

イメージ 1

イメージ 2

 労働組合は、労働者の要求実現することと会社の横暴を規制するための組織です。労働組合が要求と活動のための方針を実践するには、組合員の「みんなで討論、みんなで決定、みんなで実践」することです。それは、組合員の知恵とエネルギーを結集する組合民主主義です。
 みんなで討論は、職場の問題が組合員の中で本音で出し合うことです。この討論が、一致できる要求をまとめられるようにします。
 みんなで決定は、一致できる要求と要求になりにくい少数な意見を分けて要求の具体化と要求実現の方針を決定します。
 みんなで実践は、組合員が会社に対して要求の切迫性と熱意をアピールできるようにします。実践は、幹部の請負や組合員のお客扱いをさせずに、「職場の仲間が、自分自身と周りを変える」と言うオルガナイズをすることです。
 労働組合は、労働者が本当の社会の主人公としての予備として「社会主義の学校」であり、労働者同士の連帯を築ける場なのです。