☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

統一自治体選挙の前半戦を終えて

 統一自治体選挙の前半戦は、自民党公明党がそれぞれ連携をして議席を伸ばしました。民主党は、議席を大幅に伸ばしました。社民党議席は、大きく後退しました。日本共産党は、議席を微増しました。市民運動系の地方議員の当選が目立ちました。
 東京都知事選挙は、石原慎太郎氏が自民党公明党の組織票と少なからず無党派層を取り込んで圧勝しました。民主党社民党新社会党の支援の浅野史郎氏と明るい革新都政の会の吉田万三氏が、石原慎太郎氏の得票に吹き飛ばされました。石原慎太郎氏の圧勝は、日本共産党の反石原都政の勢力の多数派形成の放棄と民主党社民党新社会党の反共産党のこだわりが原因と考えられます。
 日本共産党大阪市会議員候補者の清水ただし氏は、福島区選出での選挙でトップ当選を果しました。清水氏は、以前在籍していた松竹芸能の出身の漫才ユニットの経験から話のツボを押えた演説で市民の共感を獲ていました。社民党堺市会議員選挙候補の小堀セイジ氏は、南区の選出の選挙で当選をして、前任者の小川たか子元堺市議の議席を回復しました。小堀候補は、4年間にわたって泉北ニュータウン近くの駅前でで朝や夕方に街頭宣伝を精力的に行っていました。
 大阪府会議員選挙の柏原選挙区では、民主党の中野隆司候補が、無所属の友田景元柏原市会議員を下して当選しました。中野候補は、岡本泰明柏原市長の裏切りや自民党の長期にわたる議席独占に挑戦しました。柏原での事態は、定数1の自民党長期独占の打開を示しました。これは、定数1の地方選挙のたたかいに教訓を残しました。
 部落解放同盟の出身の民主党の荒木幹雄大阪府会議員やティグレ出身の民主党推薦の山岸としあき大阪府会議員が、落選しました。これは、市民が求める同和行政の情報公開と一連の部落解放同盟の不正の究明、部落解放運動への不信感などの是正の結果です。
 日本の左翼勢力が、東京都知事選挙や統一自治体選挙の前半線の結果から安倍政権や石原慎太郎東京
都知事ファシストとしての特徴を研究しながら、ファシズムに反対する統一戦線の形成と戦線強化の政策立案や政策提起を行うことです。そして、部落解放運動が、一部の幹部の独占するのではなく、「人の世に熱あれ、人間に光あれ。」の全国水平者の設立の宣言に立ち返ったスタイルに改革することです。