☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、9月ごろに閉じました。ぶどう狩りは。10月1日で終えました。来年もよろしくお願いします。

那覇市議会議員選挙の結果

 4日に告示された那覇市議会議員選挙が、11日投開票で行われました。
 那覇市会議員選挙(定数40)が11日に投開票されました。城間幹子那覇市長を支える候補者が13人で前回に比べて1人減らし、城間幹子那覇市長に対決姿勢の候補者が19人で6人増やしています。

f:id:budou102000:20190805230540j:plain
 今回選挙に立候補の内訳は、①社民党(公認1、推薦1)2名、②沖縄社会大衆党2名公認、③共産党7人、④立憲民主党3人公認、⑤新しい風にぬふぁぶし2名公認、⑥自民党1(12人公認、1人推薦)13人、⑦公明党7人公認、⑧日本維新の会1名公認、⑨諸派1人、⑩無所属25人です。
 当選の内訳は、①社民党2名、②沖縄社会大衆党2名、③共産党7→5名、④立憲民主党3名、⑤新しい風にぬふぁぶし2→1名、⑥自民党12→10、⑦公明党7人、⑧日本維新の会1→0人、⑨諸派1→0人、⑩無所属25人→10人(保守系2人、中立7人その他1人)です。
 選挙の結果から見た特徴は、①オール沖縄の勢力が健康対策や医療対策の打ち出しの弱さや②健康対策や医療対策、貿易、米軍対策を含めた政策が選挙を通じた支持を増やしきれないことです。
 那覇米軍港の跡地利用が沖縄県那覇市の間の取組に揺るぎなく進むことに影響になりません。
 新型コロナウイルス対策や長年の懸案の生活習慣病対策は、本土の東京都や大阪府の物真似でなく、生活習慣の改善で本土の物真似でないことを可能になる。

f:id:budou102000:20190805230531j:plain

f:id:budou102000:20190806003145j:plain