☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃に再開しています。ぶどう狩りは。8月10日に再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

マルクス主義の上部構造と経済的土台の位置づけの弱さ

 社民党周辺や新左翼周辺は、共産党だけでなく自由党立憲民主党に対置するワードで①何とか党系労働組合、②何とか協議会系市民団体、③何とか系団体と如何にも任侠団体の雰囲気満載にボルテージを上げます。
 あのボルテージは、マルクス主義の社会構成体のアンバランスを示しています。社会構成体は、経済的土台と上部構造がそれぞれの社会の作用しあう。今までの革命の実践が上部構造の政治や国家、法律、イデオロギーに関する社会革命に向けていました。
 しかし、経済的土台の生産手段の私的所有と生産力の発展の矛盾の打開の経済革命の疎さが現れました。任侠団体のような左翼は、天下国家論に偏り、経済の成長に伴う労働者の所得の底上げのビジョンが語れない、焦点のズレに気づかないままです。
 任侠団体の姿勢を続ける左翼は、上部構造の社会革命の偏重の姿勢に陥り、野党共闘大阪維新の会反対勢力から疎ましい存在で煙たがられる。
イメージ 1