☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃に再開しています。ぶどう狩りは。8月10日に再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

社民党に関わる典型例と私自身の関わり方

 社民党に入った契機が、①労働組合の青年部や基礎組織の役員、②市民団体の役員、③社会主義青年同盟の役員、④労働大学や社会主義協会の学習理論グループを通して党員になっています。
 私は、これらと違い土井たか子や保阪展人世田谷区長が関わった市民の絆と言う市民活動を通して社民党の党員になりました。社会主義青年同盟社会主義協会と言ったお堅い分野は、芸術観や市民活動観が違い、反りが合いません。
 労働大学の関わりは、まなぶという月刊紙の購読のみです。社民党に所以のある市民団体の付き合いはありません。まず、○○系団体と口にするところが任侠団体と変わらないからです。
 社民党に所以のある市民団体や社民党に関わりのある労働組合は、対抗心の表しが共産党系団体と言った批判や悪口で任侠団体と誤解されます。
 私が社民党の日常活動の基本は、①居住地の社会新報柏原版の号外の配布と②柏原市議会の実態調査、③野党共闘を通じた市民連合、④未組織の労働者の組織化の後押しです。
 デモ参加や集会参加は、居住地の住民が興味や感心を持っていないので、私がホイホイ出かけると居住地の実態からかけ離れて、錯覚に陥るために控えています。
イメージ 1