☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

2016年度政府第三次一般会計補正予算成立

 2016年度政府第三次一般会計補正予算が、1月27日に衆議院と同月31日に参議院で審議されて自民党公明党日本維新の会日本のこころの賛成多数で可決成立しました。民進党自由党共産党社民党沖縄の風参議院内会派)は反対の姿勢を示しました。
イメージ 1
 補正予算の規模は2133億円で主に①人工地震対策、②人口台風対策、③駆けつけ警護対策、④テロ対策費、⑤東アジア防衛費です。
 歳入は、2133億円で計上して ①税外収入1047億円、②建設国債1014億円、③赤字国債1兆7512億円、④税収1兆7440億円マイナスが内訳です。
 歳出は 2133億円で計上して ①6225億円追加(人工地震対策、人工台風対策、駆けつけ警護対策、テロ対策費、東アジア防衛費)、②減額措置4164億円、③地方交付税(税収減に基づく減額 5365憶マイナス、税収減に伴う補てん 5365億円、地方法人税の減に伴う地方交付税原資の補てん 72億円)が内訳です。
 今回の2016年度第3次補正予算は、2016年度の税収の確保の見込みが安倍政権の経済戦略の失敗から赤字国債建設国債で歳入に取れて国民に①様々な保険料の引き上げや②消費税の引き上げの世論形成、③ドル基軸経済の防衛の狙いが見えます。
 国会の状況は、ドナルド ①トランプアメリカ大統領の就任によるTPP結成の破たんや②在日米軍駐留経費の大幅な見直し、③日米貿易のシステムの改変、④安倍政権の経済戦略の失敗の見通し、⑤電通元労働者の労災による長時間労働の是正、⑥オリンピック警備強化を名目にしたテロ対策法改定案の提出が中心になっています。次の国会の舞台が2017年度政府一般予算ならびに特別会計の審議になります。
 野党が衆議院参議院で国会に要請に来ている労働組合や市民団体と協力して徹底した審議とスピード採決をはさせないようにしよう。
 日本の政治は、相変わらずムサシやグローリーの選挙システムを使った①開票時の不正操作や②期日前投票による票の改ざんによる不正選挙で自民党公明党日本維新の会の議員の確保で成り立っています。
 私は、①1月茨木市会議員選挙での大阪維新の会の凋落にみられる大阪の地方自治体の中間選挙での変化、②不正選挙の根絶の世論形成、③来るべき衆議院銀選挙における野党共闘の世論形成、④中国や韓国、ロシアなどのアジアユーラシアでの政治経済連携の探求、⑤ヨーロッパやラテンアメリカでの中道左派やリベラルの闘いの経験の研究、⑥人工地震や人工気象、テロ騒動の狙いの明確化に取り組みます。
イメージ 2
イメージ 3