☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃に再開しています。ぶどう狩りは。8月10日に再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

民主青年同盟2012年成人式アンケートの結果からわかること

 民主青年同盟が毎年成人式会場で新成人にアンケートを行っています。私は、2011年に引き続き2012年成人式アンケートの結果から新成人の社会や政治についてどのように感じているかを見てみました。新成人のアンケートに無回答があるために、少ない総回答数が合わないことのでご了承ください。
イメージ 1
階層
学生56.3%、会社員12.7%、パート・アルバイト6.0%、公務員0.7%、派遣・請負0.4%、自営業0.7%、その他4.0%
 
①今の生活
気になることは何ですか。(複数回答)
学費・生活費25.1%、学校の勉強26.5%、就職が心配45.4%、仕事がない6.2%、仕事が大変11.1%、給料が安い11.2%、将来が不安28.2%、人間関係・恋愛11.1%、その他5.6%
その他
満足度は
満足15.9%、やや満足51.7%、やや不満19.8%、不満4.7%
 
②今の政治について
今の社会で気になることは何ですか(複数回答)
貧困・格差22.0%、学費・教育費14.4%、就職難48.6%、震災復興39.5%、年金や社会保障27.7%、消費税・税金の使い方30.7%、米軍基地・日米関係8.8%、アジアとの関係・領土、外交14.1%、いじめ・受験競争15.4%、地球温暖化など環境問題17.6%、経済危機・資本主義のあり方7.5%、原発問題30.8%、TPP14.2%、その他4.1%
③これからの日本社会はどうすべきだと思いますか(複数回答)
最低賃金の大幅アップや医療、福祉の拡充で人間らしい生活が送れるようにする34.0%
簡単にクビにされる非正規雇用でなく、安定した雇用を増やすルールを作る32.7%
復興のための財源は、消費税でなく無駄を削り大企業が持っている内部留保を活用24.9%
原発から撤退を決断し、自然エネルギーへの転換を図る21.4%
アメリカと対等に交渉し、憲法9条を生かし平和外交を進める12.8%
その他4.0%

④社会を変えるためにやってみたいことはありますか(複数回答)
選挙で投票する44.3%
社会や政治のことを学んだり、考える33.6%
署名をする15.0%
チラシを受け取る7.3%
デモや集会などアピール行動に参加する4.3%
アピールグッズを身に着ける2.2%
ツィッターなどを活用した情報の受信9.2%
議員に直接意見を言う7.8%
特に何もしたくない6.2%
その他2.0%
⑤あなたが行動することで社会に影響を与えることができると思いますか
できる9.5%
ちょっとできる46.9%
あまりできない35.3%
できない6.6%

⑥社会を変えようと行動することについてどう思いますか
よいと思う54.7%
どちらかと言えばよいと思う30.9%
どちらかと言えばよいと思わない3.1%
よいと思わない0.8%
原発についてどう思いますか
増やしてほしい2.8%
現状維持42.2%
減らしてほしい32.6%
無くしてほしい21.1%
その他4.7%

⑧消費税増税についてどう思いますか
賛成9.1%
どちらかと言えば賛成21.4%
どちらかと言えば反対33.8%
反対25.0%
⑨米軍犯罪や騒音などの問題が起きている在日米軍基地についてどう思うか
増やしてほしい1.4%
現状維持31.5%
減らしてほしいい36.2%
無くしてほしい17.0%
その他3.4%
⑩投票に行きますか
行く46.9%
たぶんいく37.8%
たぶん行かない8.4%
行かない5.6%
 
⑪投票するときに何を基準に政党や候補者を選びますか(2つまで)
政策・マニフェスト40.2%
実際の行動46.9%
人柄23.6%
容姿や名前1.2%
知名度4.9%
影響力11.9%
家族や他人の意見7.1%
その他1.4%
⑫選挙で政治が変わると思いますか
変わる19.9%
ちょっとかわる40.1%
あまり変わらない25.6%
変わらない6.3%
イメージ 2
 私が2012年のアンケート結果を見て感じたのは、ユダヤ金融が2011年3月の東北近海での人工地震による津波被害や福島第一原子力発電所での核爆発にデッチ上げで震災対策や原子力事故対策に関心が持っています。しかし、原子力以外の新しい電力源が思い浮かばない、電気代の値上げの心配が原子力発電の現状維持に繋がっています。
 アンケートの特徴は①新成人が、従来から就職から生活費までの生活面の格差に不満を持っていること、②社会や職場、地域での矛盾からの不満の解決の方法がわからない、③政治に対する不満が民主党共産党社民党への支持に繋がらない、③新成人が、景気回復や教育・福祉・医療の充実、税金の無駄遣いをなくすなどの格差是正や貧困の解決に関わろうしていること、④震災対策や原子力発電所の事故の対策に関心を持っています。
 日本のすべての政党が、新成人のリアルな実像を調査して、①自分たちの都合のいい青年像を描かないことや、②ベテランの青年時代やアラフォー世代の青年時代のお話を長々と語ったりしないこと、③若年層の居場所と交流の場の確保の一層の支援に取り組むべきです。私は、最近の新成人がアラフォー世代の親たちのバブル経済に浮かれてきたことに納得せずに、貧困や生活難に取り組む姿勢を持っていることを感じました。