☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

地の塩、躓きの石

 義のために迫害されている者は幸いです。天の御国はその人のものだからです。わたしのために、ののしられたり、迫害されたり、また、ありもしないことで悪口雑言を言われたりするとき、あなたがたは幸いです。喜びなさい。喜びおどりなさい。天においてあなたがたの報いは大きいのだから。あなたがたより前に来た預言者たちも、そのように迫害されました。
 あなたがたは、地の塩です。もし塩が塩けをなくしたら、何によって塩けをつけるのでしょう。もう何の役にも立たず、外に捨てられて、人々に踏みつけられるだけです。あなたがたは、世界の光です。山の上にある町は隠れる事ができません。
 また、あかりをつけて、それを枡の下に置く者はありません。燭台の上に置きます。そうすれば、家にいる人々全部を照らします。このように、あなたがたの光を人々の前で輝かせ、人々があなたがたの良い行ないを見て、天におられるあなたがたの父をあがめるようにしなさい。
マタイの福音書 5章10節から16節
 
 では、どういうことになりますか。義を追い求めなかった異邦人は義を得ました。すなわち、信仰による義です。しかし、イスラエルは、義の律法を追い求めながら、その律法に到達しませんでした。 なぜでしょうか。信仰によって追い求めることをしないで、行いによるかのように追い求めたからです。
 彼らは、つまずきの石につまずいたのです。 それは、こう書かれているとおりです。「見よ。わたしは、シオンに、つまずきの石、妨げの岩を置く。彼に信頼する者は、失望させられることがない。」
ローマ人への手紙9章30−33節
 
 私は久しぶりに聖書の関する記事を更新できました。それは、最近のキリストにおける教会が来訪者が来ても定着しない、教会員が天に召される機会が増えてきたことです。地の塩と躓きの石の喩は、神の子であるイエスの死から復活までの生涯、救いのメッセージを伝えることなのです。
 地の塩は、海水から精製して作られる塩でなく陸の岩塩です。岩塩は、希少な使用価値を持っています。クリスチャンは、イエスの生涯や罪から救われたものです。それは世の人間から選ばれた存在です。躓きの石は、神の御言葉を聞くだけでなく、信仰と神の言葉への希望、神の愛への受け入れを含めた行いです。
 地の塩と躓きの石は、信仰生活ができるテイストのキープすること、神の御前に躓きができる謙遜な姿勢が必要なメッセージなのです。
イメージ 1