☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、9月ごろに閉じました。ぶどう狩りは。10月1日で終えました。来年もよろしくお願いします。

兵庫県知事選挙の結果

 1日告示の兵庫県知事選挙が、18日投開票で行われました。斎藤元彦元大阪府財政課長(自民党推薦、日本維新の会推薦)が金沢和夫元兵庫県副知事(立憲民主党兵庫県連支援、国民民主党兵庫県連支援、社民党兵庫県連合支援、自民党兵庫県会議員団、公明党自主投票、新社会党支援)と競り合い当選しました。

f:id:budou102000:20210720140837j:plain
 今回の選挙は、井戸敏三兵庫県知事が引退を受けて、20年ぶりの新人同士になりました。
 主な争点は、①大阪維新の会自治体運営や議会運営の持ち込みの是非や②兵庫の5つの地域(神戸、阪神、播磨、丹波、淡路)の自治体の連携、③新型コロナウイルス対策の徹底、④大阪湾や播磨灘周辺の開発です。
 斎藤元彦元大阪府財政課長の当選の影響が、兵庫県職員の適性配置の名の①正職員の採用抑制や②正職員の削減、配転、出向、③すべての部課の非正規職員への業務負担を進めると予想されます。
 大阪維新の会の主導の県政運営を楽々にさせない闘いは、議会だけでなく職場内の労働組合運動や県民の間の市民運動で取り組まなければなりません。
 市民の中から情報公開へのチェックは、いままで以上に取り組んで、大阪の地方自治体ような停滞や混乱の地方自治体運営にならないようにしょう。

f:id:budou102000:20210720140932j:plain

f:id:budou102000:20210720141132j:plain