☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店とぶどう狩りは。終了しました。来年もよろしくお願いします。

社民党全国連合全国代表者会議

 社民党全国連合が2月21日に全国代表者会議を開催します。会議の議決の内容は、①当面の活動方針と②来るべき衆議院選挙についてです。
 会議は東京都内の会場で一堂を会することを止めて、zoomによる提案説明や議論になります。
 私が議案を目を通した全体的な感想は、柏原市内の社民党の街頭宣伝や労働組合活動、市民運動に役立てない。そのまま活動の適用はできない。
 まず、当面の活動方針の内容の問題点は、①党費や社会新報紙代、後援会費の請求が忘れたころにやってくる式から党員や読者、後援会員から請求の問い合わせに答えられる財政活動に切り替える、②職場や居住地、学校、議会の当該の思いに理解できる社民党の組織スタイルの転換、③SNSNサイトなどのデジタル媒体と紙媒体の情報発信、④20歳以上の選挙権時代の若年層対策から18歳以上の選挙権の世代の若年層対策への転換、⑤野党共闘市民連合を媒介にして選挙の時だけでなく街頭宣伝や学習会を含めた日常的に行う、⑥大阪維新の会都民ファーストの会減税日本など地方自治体の運営に参画している都道府県の活動は全国連合の方針と違う活動を尊重すると言った内容です。
 来るべき衆議院選挙の方針の問題点は、①新型コロナウイルス対策でPCR検査推進や隔離治療容認、ワクチン接種推進を前提の政策にしないこと、②衆議院選挙の政策は、庶民の生活第一、庶民の生活を支える、消費税の税率削減、多様性が生かせる社会、住民が主人公の地方自治体、職場で働きやすい生活ができる労働者を基本に作成して庶民を心に落ちるようにする、③市民の野党の共闘の立場で自民党公明党の連立政権をやめさせていく、④大阪府に置ける日本維新の会衆議院議員の独占をさせない、⑤野党共闘をめざす市民連合を媒介にして可能な限り、衆議院議員小選挙区予定候補者と一緒 の街頭宣伝に取り組むことを内容です。
 私は、福島瑞穂参議院議員社民党の政治活動に関していい思いがなく、衆参両院議員選挙で比例代表社民党に入れて頂いている市民の思いを基本に取り組んでいます。

f:id:budou102000:20210216113607j:plain

f:id:budou102000:20210216113633j:plain