☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃に再開しています。ぶどう狩りは。8月10日に再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

社民党大阪府連合大会

 社民党大阪府連合の大会が、5日に大阪市内で行われました。三役が入れ替わりました。服部良一代表が顧問に代わり、長崎由美子幹事長が代表になりました。幹事長が川口洋一高槻市会議員になりました。副代表には、大椿裕子前大阪教育合同労働組合委員長が加わりました。

f:id:budou102000:20191005225626j:plain

 新たな三役は、旧社会党の時代を知っている幹部を含みながら、土井たか子代表時代の社民党から7月の参議院選挙に関わった大椿裕子までの現在の社民党までの政治経験を受けた体制になりました。

f:id:budou102000:20191005225656j:plain

 大会は、①2017年から2018年までの運動経過と②2017年から2018までの予算および決算の経過、③2019年の運動方針、④2018年決算と2019年予算、⑤役員選挙を趣旨説明及び討論を行いました。討論は、主に①野党共闘の実践の前に進める、②衆参両院の会派結成、③選挙宣伝の紙媒体の不調の打開策、④選挙の投票者の割合の低さが出されました。
 ①2017年から2018年までの運動経過と②2017年から2018までの予算および決算の経過は、代議員の全会一致で成立しました。③2019年の運動方針、④2018年決算と2019年予算は、私の保留以外の代議員の賛成多数で成立しました。
 私が運動方針及び決算予算に保留した理由は、①NHKから国民を守る党への対応は臨時国会の動きを見てから気極めること、②次期参議院大阪選挙区の野党統一候補は、亀石倫子弁護士の支援をする中で共産党候補への応援に意味がない、③全日建連帯労働組合関西地区生コン支部の度重なる組合員への逮捕に対する支援は度重なる機関決定でなく個人レベルの支援に留める、④若年層対策が20歳の選挙権の前提から18歳の選挙権の前提の方針に変えること、⑤部落解放運動を部落解放共闘に留めず木邑秀幸常任幹事の出身団体の部落解放全国連語会を含めた強化です。
 社民党大阪府連合の大会は、大椿裕子の参議院全国比例代表の選挙を通じて、旧社会党からの党員や土井たか子時代のゼロからの出発の時代の党員、服部良一や大椿裕子を含めた新しい党員の知恵と新たな発想、蓄積されたノウハウで新自由経済による格差社会日中戦争及び日朝戦争の引き起こしに躍起になっている軍産複合体の動き、これらの動きにコミットしている安倍政権に対決姿勢を作り、来るべき衆議院選挙や参議院選挙、再度の大阪都設立の住民投票地方自治体議員選挙を含めた政治戦で野党共闘大阪維新の会反対視力の要やまとめ役のきっかけになりました。
 私は、1パーセントオリガーキの日本支配の行き詰まりやディープステートの引きずり落としの動きを見ながら、社民党が1パーセントオリガーキやディープステートの掌で動いている実情から掌で動かない自立と自分の頭で行動できるように地道に着実な日常活動に取り組めるようにしていかなければ、置いてきぼりや無視される。