☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃に再開しています。ぶどう狩りは。8月10日に再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

大阪維新の会の自然崩壊論の意味と限界

 他県の野党共闘の立場の方が大阪維新の会議席拡大や首長選挙の事態にまだ大阪維新の会への拘り続ける異常さを感じる、大阪都構想になぜ拘るの!、大阪府民の認知機能の不全を危惧していると語られます。
 大阪経済の悪さが大企業の大阪から撤退、人口減少が大阪全体に及び、展望がなくなっています。大阪維新の会の結成は、自民党反対勢力の吸収の誘導と地方自治体の更なる合併の促進のためです。
イメージ 1
 野党共闘の立場と大阪維新の会の反対勢力と重なりあう方が橋下徹の影響がなくなると言った幻想、大阪維新の会地方自治体議員の不祥事から大阪維新の会の自然崩壊と言った緩みが出ていました。
 2年前の柏原市会議員選挙や羽曳野市会議員選挙では橋下徹抜きの選挙運動で大阪維新議席確保ないし議席拡大をしています。大阪維新の会の反対勢力の緩みが、大阪維新の会の固定票やコアの支持者の存在の認識の甘さを示しています。
 他県の野党共闘の立場の方がいつまでも大阪のことを知らないと逃げられない厳しい状況になっていると認識しなければなりません。
 大阪維新の会の反対勢力が自民党の多数の国会議員や公明党の動きに左右されずに表面的な動きに左右されずに全国の流れと違うことを認識しながら大阪の地方自治体の停滞と混乱の場にさせないことを努めなければならない。
イメージ 2