☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃に再開しています。ぶどう狩りは。8月10日に再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

沖縄県内の辺野古ヘリコプター基地建設の是非を問う住民投票の結果

 沖縄県内の辺野古ヘリコプター基地建設の是非を問う住民投票が、2月14日告示で始まり24日投開票で行われました。
イメージ 1
 住民投票は、辺野古県民投票の会の代表の元山仁士郎一橋大学大学院生が2018年の10月の沖縄県議会に沖縄県内の辺野古ヘリコプター基地建設の是非を問う住民投票の条例化の請願の採択を受けて実施されました。
 住民投票は、①18歳以上の沖縄県内の有権者と②公職選挙法の制約を受けずに賛成や反対の運動が投票日前まで可能、③賛成と反対、どちらでもないの3択、④沖縄県知事が賛成と反対、どちらでもないの内の一番多い投票数が投票資格者の総数の4分の1に達した結果を日米政府に報告することを条例で規定しています。
 住民投票の結果は、115万3591人の有権者のうち60万5385人の投票、①賛成11万4933票、②反対43万4273票、③どちらでもない5万2682票、④無効3497票で反対に決まりました。
 辺野古沖のヘリポート基地の建設の完成時期は、①大よそ米軍の日本の基地の規模縮小とアメリカと②中国の軍事戦略ラインのハワイ沖への移行、③米軍のメキシコ国境の不法入国阻止の監視の専念で中国海軍の脅威に晒される事態に予想されます。
 住民投票の結果は、①安倍晋三首相は完全に無視、②ドナルド トランプアメリカ大統領は米朝首脳会談ベネズエラ政変対策で精一杯で無視のなかで日本の軍事戦略の変更やアメリカの軍事戦略の変更、沖縄県内と本土の安全保障の戦略に栄光を受けます。
イメージ 2
イメージ 3