☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

レーニンの何をなすべきか?と言う著作

 レーニンの何をなすべきか?と言う著作は、1890年代から発生した共産主義グループ内の経済主義や労働運動の自然発生への拝詭、テロリズムを含めた共産主義勢力の組織建設を明らかにしています。
 組織建設の基本は、①労働運動へのマルクス主義の意識的啓蒙と②全国的政治新聞の配達網、③マルクス主義階級闘争の内の理論闘争の重要です。
 レーニンの労働運動の中へのマルクス主義の意識的啓蒙への批判は、2000年から2005年までのイラク戦争反対の活動家から出ました。活動家は、ローザルクセンブルクイズムから派生しています。
 最近の傾向は、脱原発や国会議事堂前行動の活動家に見られます。自然発生のムーブメントは、SEALDsや高円寺デモ、総がかり実行委員会、ママの会が典型です。
 レーニンの何をなすべきか?の著作は、自然発生のムーブメントの関わり方や野党共闘の関わり、労働組合の関わり、政治活動の関わりに重要なヒントや指摘をしています。
イメージ 1