☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

今年の大阪労連のメーデーと大阪全労協のメーデー

 私は、5月1日の大阪労連のメーデーと大阪全労協メーデーに参加しました。メーデーのメーンが、①長時間労働の根絶、②テロ準備罪法案反対です。
 大阪労連のメーデーには、全港湾築港支部執行役員と再開して、父が亡くなったことや近況を語りました。この支部は港湾関連やトラック中心で組織しています。
イメージ 1
 私は、1990年代後半に守口市の建築設計事務所の分会の結成に関わり、築港支部の特別執行役員と大阪労連の地域労連の役員をやりとげました。私は、①労働組合の○○派労組主義の克服と②地域労働運動のバランスを置いています。
 大阪全労協メーデーは、昼間に行われました。大阪全労協加盟の労働組合、中立労働組合社民党新社会党が集いました。アンチ大阪労連とアンチ連合大阪の労働組合がより集まり、民営化反対や国家権力に弾圧反対が共通しています。
イメージ 2
 両者のメーデーの参加者は、職場の労働条件改善の闘いが命一杯なために野党共闘の呼び掛けに殆ど興味なしです。労働組合活動と政治活動の違いは、二つのメーデーで現れています。
 野党共闘の取り組みは、労働組合の活動から自然発生的に出のではなく、野党共闘内の独自の活動と目的意識的に取り組む努力と持続性の積み重ねです。
 社民党服部良一衆議院議員新社会党の山下慶喜茨木市会議員の野党共闘の意義と拡げる呼び掛けは、何も言わない、何か言ったことする姿勢より重要です。