☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

ギリシャ総選挙、イギリス総選挙、イスラエル総選挙の結果から見た日本の政治の行く末

 ①1月のギリシャ総選挙での急進左派連合の第一党への躍進、②5月のイギリス総選挙での保守党の過半数、③3月のイスラエル総選挙でのアラブ統一会派の躍進の選挙は、ヨーロッパとアラブのおける政治がユダヤ金融による連立政治や2大政党政治で財政や外交、安全保障、経済、エネルギーを支配構造の崩壊に近づいていることを示しています。
イメージ 1
 ギリシャ総選挙は、世界銀行ヨーロッパ連合から高利息の債務を押し付けて政府の財政破綻に導いてきました。中道右派政党や社会民主主義政党が財政再建のために社会保障や雇用対策を切り詰めてきました。しかし、庶民が強く全ギリシャ社会主義運動ギリシャ共産党のような旧来の左派政党でなく急進左派連合がツィプラスの下で過半数に迫るほどの議席獲得になりました。
 イスラエル総選挙は、①右派政党のクリードや②イスラエル労働党が中心のシオニストユニオン、③ユダヤ系左派やアラブ系左派、アラブ系民族主義と連合するジョイントリストが争い、ネタニヤフ首相が、クリードユダヤ原理主義ユダヤ極右の政党との連立政権を実現させました。
 イギリス総選挙は、保守党が過半数に達して政権維持になりましたが、スコットランド国民党第3党に躍進になることになりました。これは、保守党と労働党にによる長年の2大政党制の伝統の崩壊に導き、2014年9月のスコットランド独立の住民投票の僅差の否決が影響を受けています。
 日本では、3つの選挙を国際面の記事ないしニュースとして捉えています。世界の政治は、ユダヤ金融の世界支配を支えるために隠れユダヤ人が国政で財政や税の再配分、外交、安全保障、教育、産業振興を進めてきました。
 隠れユダヤ人本位の政治が、①財政赤字に導く金融や②庶民の生活の格差を生み出す、③教育や福祉、医療の制度の崩壊を作ってきました。日本の政府や地方自治体は、隠れ外国人が支配するために①財政赤字に導く金融や②庶民の生活の格差を生み出す、③教育や福祉、医療の制度の崩壊に導いています。
 日本の政治の刷新や日本の地方自治体の刷新は、単なる政党再編や新党結成がユダヤ金融の思し召しことでなく、①ユダヤ金融の日本支配をやめさせる、②ユダヤ金融の工作員が徘徊する社会をやめさせること、③ユダヤ金融が政府の財政や地方自治体の財政を弄ばないようことで目標にしよう。
 当面は、①既存の政党内の工作員及び協力者の追放と②ユダヤ金融との関わりを持たない方々による政党の刷新、③すべての政党対象のユダヤ金融との関わりの経緯の洗い出しです。
イメージ 2
イメージ 3