☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

東京都議会議員選挙

 東京都議会議員選挙が、6月13日告示と同月23日投開票で行われます。東京都議会は、①築地市場豊洲への移転の決定や②2020年のオリンピック誘致に向けての財政支出の増大、③人工地震を前提にした防災対策、④福島第一原子力発電所での核爆発による事故を前提にした放射能対策、⑤社会保障、教育、福祉の貧弱さ、⑦23区内の間の財政運営での格差の放置、⑧西武鉄道の廃止に向けた地域の交通網の危機、⑨多摩地域と区内の施策での格差、⑩島諸部対策の希薄さの問題を抱えていますなどの要望がほとんど取り上げられていません。
イメージ 1
 自民党公明党は、東京におけるユダヤ金融の東京支配の工作員として都民が支払った税金を貢いでいる役割を果たしています。日本維新の会みんなの党が東京都議会に進出してからユダヤ金融支配が民主党が2009年の東京都議会議員選挙で取り上げた築地市場移転反対の反対の姿勢から今年の3月の議会で移転先の江東区豊洲でのダイオキシン汚染対策の充実を条件に賛成に転じました。これは、ユダヤ金融の日本における工作員が都議会民主党の所属の議員への恫喝や脅しを攻勢的に行ってきたからです。石原前都知事から猪瀬直樹東京都知事の役割は、アメリカのユダヤ金融の東京代表として中国との戦争体制の布陣を引き、東京オリンピック誘致での日本における戦争経済の足掛かりしようとしています。
 自民党公明党と対抗できる都会議員が皆無になっています。①ユダヤ金融の東京支配を解体し、②人工地震原子力発電所での爆発事故に惑わされない防災対策、③都内の住民サービスの格差をなくす、④米軍基地・米軍駐屯地・米軍通信所などの在日米軍の撤退、⑤2020年のオリンピック誘致にノーと言える、⑥都内の中小企業の活性化を基本にした経済対策、⑦安全な食料の供給ができる市場が主張し、住民から共感を得られる候補者が求められます。そのことができるのは、生活の党やみどりの風以外にできません。それは、小沢一郎亀井静香が、①自民党公明党を支援している新興宗教への課税強化や②補助金を含む既得の実態の公表、③警視庁内の新興宗教との関わりの暴露ができるからです。
 アメリカのユダヤ金融グループは、地方議員の中の工作員地方自治体の職員の中の工作員を通して各地方自治体の財政や防災、教育、福祉の状況を把握して上で去年の3月の東北地方の海底での人工地震を実現できたのです。人工地震が、政府からの地方交付金の減少や都道府県からの補助金の減少に通じています。
 今年の東京都議会議員選挙は、ユダヤ金融の東京支配にノーを突きつけ、自民党公明党日本維新の会みんなの党の東京支配を解体するために重要です。私は、東京都議会選挙の動向から①アメリカ合衆国の従属から自立への戦略の立て直し、②労働者のまともな生活ができること、③住民の生活を基本にした地方自治体、④人工地震・人工気候変動に惑わされない地方自治体の確立、⑤日本における戦争政治と戦争経済の一体化の阻止、⑥景気回復と環境保護の両立、⑦被災者の生活第一の震災対策の拡充、⑧原子力事故の対策の強化、⑨住民の間でのB層政治の打開、⑩教育と福祉の水準の向上、⑪教育と文化の予算の拡充のきっかけ作りのためになるようにサポートしていきます。
イメージ 2
イメージ 3