☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃に再開しています。ぶどう狩りは。8月10日に再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

東京都議会議員選挙後一ヶ月近づく

 6月23日告示、7月2日投開票の東京都議会議員選挙(総定数127、欠員1名)が、あと一ヶ月残すところになりました。
イメージ 1
 小池百合子東京都知事への姿勢が、①自民党の対峙の姿勢と②公明党や東京改革(都議会民進党民進党都議団の合同会派)、都民ファーストの会日本維新の会の支持、③共産党生活者ネットの是々非々と言った構図になっています。これらの姿勢は、1パーセントオリガーキによる日本支配の継続と自民党VS都民ファーストの偽装対決のシナリオに基いています。
 大会派と小中会派が主流の地方自治体の議会運営は、①首長及び理事者提出の議案の承認機関と②1パーセントオリガーキにまとわり付く既得権者やロビーストの要望第一が貫かれます。小池百合子都知事の下の都議会は、これらに加えてトランプ効果の日本への波及をさせないシナリオで進められます。
 小池百合子都知事の誕生は、ムサシによる開票時の票の改ざんだけでなく、①期日前投票による票の改ざん、②電通(満州通信社)による世論誘導を加えて③庶民への洗脳の定着がユダヤ金融の日本支配の新たなステップに入っているようになりました。東京都議会は、石原慎太郎から猪瀬直樹舛添要一の3代にわたって不正をただす場にならず、小池百合子知事のCSISの日本支配の最後のシナリオを演じる場に変わっています。
 今回の東京都議会議員選挙は、①築地生鮮市場から豊洲新生鮮市場の移転を巡る建設費と東京ガス跡地の汚染土壌の処理、②2020年の東京オリンピックの施設の建設費用、③新銀行東京の経営破たんの責任、④東京湾の海底の人工地震への対応、⑤山の手や下町、多摩、島しょ部の間の都内の財政格差、⑥都内の選挙で実施しているムサシやグローリーの不正選挙の実施を浮かび上がらせることを問われます。
 都議会には、①自民党公明党議席増をさせないこと、②都民ファースト議席増加をさせないこと、③トランプ効果を波及できる民族保守の立場、④トロツキズムや反資本主義、革命的共産主義と言った労働者階級の立場、⑤ムサシやグローリーの不正選挙の実施をさせない立場の都議会議員の誕生、⑥自民党公明党都民ファーストの1パーセントオリガーキの支配を許さないブロックを作れる都議会の構成の姿勢を取れる都議会議員の誕生で現在のユダヤ金融の日本支配の掌の乗っている都議会議員の大幅な減少をさせよう。
イメージ 2
イメージ 3