☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃に再開しています。ぶどう狩りは。8月10日に再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

木構造の大規模化に伴う高強度対応

 木構造の大型化に対応できる工法が可能になっています。その工法は、①サミットHRと②サミットSJ、③サミットHRSです。
 サミットHR工法は、木のラーメン構造で成り立っている工法です。それは、日本建築センターの評定を受けています。
イメージ 1
 構造の特徴は、①柱と梁との接合部が柱と梁に貫通させた穴に鉄筋を挿入させて、エポキシ樹脂で固定させていること、②柱と梁との剛接合が可能になったこと、③筋違いの配置が不要になったこと、④開口部の設置が可能になったことです。
 柱脚の固定は、コンクリートの基礎の埋め込まれた異形鉄筋に穴あけした柱を建込してから、柱脚の穴との隙間にエポキシ樹脂を充填しています。柱脚が鉄筋との拘束で固定度をつけています。
 柱や梁が、中心部が集成材を使って周辺にモルタルの耐火被覆を施し、外周部に集成材で取り巻いています。ゼネコンやハウスメーカがすでに採用してます。これからの木構造は、在来工法や2バイ4工法だけなくサミット工法を加えることになります。
イメージ 2