☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

衆議院選挙のマスコミによる世論誘導の中での政策宣伝の重要性

 衆議院選挙の公約や政策宣伝の姿が目で見えてわかりづらくなっています。それは公職選挙法の度重なる改定と選挙実務者や候補者、政党関係者が法の解釈に追われて実際の政策宣伝や選挙運動に戸惑いや引き気味になっているからです。
 今回の選挙は、①社会保障制度の維持と②震災対策を名目にした消費税増税、③TPP(環太平洋パートナーシップ条約)への交渉参加、④原子力発電からの脱却が主な争点になります。年末の衆議院選挙は、1983年以来ありません。急な納期の仕事や年末調整が入っているために政党の幹部や活動家が選挙の中心になります。このような選挙がますます住民不在になります。
イメージ 1
 嘉田由紀子滋賀県知事の代表の日本未来の党の結成が、民主党自民党公明党日本共産党国民新党がそろって野合批判や政策不在批判を展開しています。このような批判は、ユダヤ金融が日本経済の衰退プログラムや日本における人工地震による経済テロ、人工異常気象による防災有事への引き込みの下地になります。
 日本未来の党は、それぞれの批判にめげずに①消費税増税の凍結と②10年後をめどとした原子力発電からの脱却、③TTPへの交渉参加の反対で選挙にのぞんでいます。社民党は、日本未来の党小選挙区での相互協力の体制を築きました。
 自民党公明党は、政権復帰を念頭に置いて①アジアにおける戦争準備の経済の推進や②大型の土木・建築工事の国債の大量発行、③戦争のための国債発行を狙っています。日本維新の会は、日本におけるイスラエル化とユダヤ金融の日本支配のための自民党公明党との連立政権の樹立で立法・司法・行政へに影響力を強めようしています。
 日本のほとんどの政党が、ユダヤ金融の日本支配の戦略を理解できていません。その戦略は、①政治と金と言うマスメディア通じた世論誘導や②財政赤字を名目としたコスト削減、③社会保障制度の危機を利用した世論誘導、④庶民の生活の自己責任への誘導を行っています。
 国民の生活が第一が提唱している国民連合の賛同することが、衆議院選挙においてアジアにおけるイスラエル化の食い止めと日本における金融危機の対策、脱原発の実現の展望、新しい電力源の模索、自民党政権時代の官僚と産業界との癒着への舞い戻りを止めさせる契機になります。選挙の政策のわかりにくさや複雑さは、公職選挙法の禁止既定の多さとユダヤ金融の日本支配の狡猾なためです。
  私は、衆議院選挙において①消費税増税の凍結と②10年後をめどとした原子力発電からの脱却、③TTPへの交渉参加の反対の課題で協力できる議席拡大のために貢献していく所存です。具体的には、①アメリカ合衆国の従属から自立への戦略の立て直し、②労働者のまともな生活ができること、③住民の生活を基本にした地方自治体、④経済テロに惑わされない地方自治体の確立、⑤自民党政権復活の阻止、⑥景気回復と環境保護の両立、⑦被災者の生活第一の震災対策の拡充、⑧原子力事故の対策の強化、⑨住民の間でのB層政治の打開、⑩教育と福祉の水準の向上、⑪教育と文化の予算の拡充、⑫言論抑圧への対抗の世論形成のきっかけ作りです。
イメージ 2
イメージ 3