☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃に再開しています。ぶどう狩りは。8月10日に再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

地方自治体における住民第一の政治が揺らいでいる

 地方自治体の政治が、首長選挙や議員選挙で揺らいでいます。それは、大阪維新の会みんなの党だけでなくみどりの未来が地方議会での予算議や条例の審議でゆがみや歪を齎しています。それは、①既得権を巡る議論や②新自由主義におけるコスト削減、③公務員の労働条件の切り下げです。
イメージ 1
 現在の地方議会の勢力は、①自民党公明党のブロックや②民主党社民党生活者ネットの地域中道左派ブロック、③共産党の運動圏の囲い込みブロック、④相乗りブロック、⑤草の根ファシスト、⑥みんなの党とのブロックがそれぞれ争います。
 地方自治体議会での議論の主力は、①財政再建や②原子力発電からの離脱、③人工地震を前提にした危機管理、④福祉・教育・医療の制度の充実、⑤中小企業の経済戦略、⑥交通対策の綿密化、⑦母性保護・両性参画社会の定着などです。
 今日の地方自治体の戦略は、①大阪維新の会に見られる大阪の地方自治体の再編(トランスフォーメーション)や②道州制のための地方自治法改定の促進、③沖縄県内の米軍基地の負担軽減の名の本土での米軍基地の分散化、④国内外の法人住民税の軽減、⑤施設の民営化・アウトソーシング化です。これらは、アメリカのユダヤ金融グループの日本へのアメリカ国債の購入拡大の思惑と合致します。
 共産党が選挙戦術にしている革新統一主義は、①加盟団体を前提にした機関運営第一や②アメリカ従属派に視野を入れた政策活動、③非共産左翼や市民運動系の団体や個人の運動スタイルを排除するなどジャパニーズスターリンイズムと硬直的な運動スタイルになります。
 草の根ファシストみんなの党は、地方自治体の官僚体質の脱却や既得権の解体、公務員の削減を名目にユダヤ金融グループの地方自治体の再編や施設の民営化、公務員への支配強化を進めています。草の根ファシズムみんなの党地方自治体の進出は、①民主党自民党公明党の解体・再編と②社民党生活者ネットなどの中道左派勢力の一掃、③共産党の議会からの一掃で首長・議会の独裁の一体化が促進されます。
 草の根ファシズムみんなの党の首長・議会の一体化と闘う政党・会派が大同団結で①住民の生活がし易い地方自治体の確立、②住民が主人公の地方自治体を選択できるようにすること、③道州制や都構想の実現のための地方自治法改定の動きををやめさせること、④地域経済の振興こそ国の経済戦略の基礎、⑤医療や福祉の制度の使いやすさ、⑥人工地震に惑わされない防災対策の拡充、⑦原子力に頼らないクリーンな電力のために全力を尽くすべきです。
イメージ 2
イメージ 3