☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

今年のメーデーの報告

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 私は、大阪労連のメーデーと大阪全労協メーデーに参加しました。今回は、前回のメーデーで足や腰を悪くしたためにデモの参加を制限するつもりでした。
 大阪労連のメーデー会場の扇町公園は、関西テレビの近所です。民放労連加盟の関西テレビ労働組合は、春闘の回答に不満なために組合集会の誘いのビラを配っていました。制作スタッフやアナウンサーを含む組合員が、関西テレビの玄関や裏口で社員にビラを手渡していました。
 私が、大阪労連のメーデーに参加したときに全港湾の築港支部の元支部長や建交労関西支部生コン運転手の方(主に支部のニュースの編集や建交労中央本部の機関誌の通信員、私の父のかなり前の生コン運転手の同僚)に出会いました。メーデーの参加者が、世代交代で年々減少しています。

 大阪全労協メーデーは、大阪城公園の付近の教育塔広場で行われました。ユニオンオタクの知り合いが突如、会社の外出届を出していたのです。私は、「あなたが、無理にメーデーに参加すると解雇されるので大丈夫か。」と知り合いのことを心配しました。知り合いは、何とか会社に戻って仕事をしています。知り合いは、かなり無精ひげを生やしていました。知り合いの無精ひげは、日雇い組合の仲間と変わりませんでした。私は、知り合いに「あなたのような髭は、日雇いの仲間から同志と呼ばれたりして。」とカラかって見ました。
 大阪全労協メーデーの参加者は、連合大阪や大阪労連のそれぞれのナショナルセンターに関わっていない労働組合が中心です。社民党は、連合大阪からメーデーの参加を要請されていないために大阪全労協メーデーに参加しています。辻元清美衆議院議員社民党自治体議員、市民運動系の地方議員がメーデーに出席していました。
 今年のメーデーは、相変わらず参加者が労働者の人口の10パーセントから20パーセントの中のわずかなのです。メーデーの内容が、現在の厳しい労働者の実状から見て形式的になり、世代交代している参加者の気持ちに適った企画になっていません。