☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

「青年ユニオンでは雇用が守れない」と言う批判について

 あるブロガーのコメントが、ある一般労働組合の活動家から指摘を受けています。それは、「青年ユニオンが雇用を守れないと言う一部の地域ユニオンの批判は、事実に反するのではないのか。」です。
一部の地域ユニオンの公表は、批判者との泥仕合になることを懸念していますので避けます。
 私は、一部の地域ユニオンの青年ユニオンの批判が、①政党の票田と言う誤解を受けやすい、②労働組合法の観点から規約で年齢による差別、③パートやアルバイト、派遣の雇用が守れないことをコメントしました。
 パートやアルバイト、派遣などの非正規労働者は、企業の利潤をたくさん獲得するために正規の労働者の賃金の切り下げと企業のコスト削減に使っています。非正規労働者の労働条件の引き上げは、企業のコスト削減と労働者全体の労働条件の底上げにつながります。
 しかし、非正規労働者が組合結成をすると、会社や派遣元が雇い止めや契約満了の嫌がらせが待ち構えています。このような嫌がらせは、闘争に影響をするのです。
 批判者は、闘争経験や労働者派遣法の問題点から①労働者派遣法の専門職以外の原則禁止、②現在の派遣やパートの正社員化が逆に雇用の確立のきっかけになると主張しています。
 青年ユニオンについては、さまざまな批判や意見があります。若年層の組織化は、場当たり的でなく中長期の視野で取り組むべきです。