☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

狛江市長選挙の結果についてとその余波について

 東京都の南部の狛江市長選挙は、6月22日当開票しました。選挙には、現職の矢野裕(日本共産党推薦)と映画プロデューサーの伊藤正昭(民主党社民党、東京生活者ネットワークなどの推薦)、前狛江市会議員の高橋清治(自民党公明党の推薦)が立候補しました。
 矢野裕が13396票で伊藤正昭(7173票)と高橋清治(9727票)を下して当選しました。
 矢野氏は、1996年に前市長がバカラ賭博による失踪で混乱する中で市会議員を辞して、当時の大型の土木工事の無駄づかいをなくすことを取り上げて当選しました。
 矢野氏は、今回の選挙で4期目です。2期目と3期目は、借金の返済と市長自身の歳費の大幅なカット、職場の給料の少ない幅のカット、財政再建のための説明会の開催、学校の図書館の市の図書館との配送システム、夜間の小児救急診療、学童保育の充実、ゴミの減量化、情報公開の早さ、介護保険料の減額制度を行うようにしてきました。
 自民党公明党は、矢野裕を倒して大型の土木工事のための市長の誕生をもくろみを求めていました。民主党社民党、東京生活者ネットワークは、自民党公明党との相乗りができないものの利権体質から抜けきれません。
 狛江市長選挙の結果は、日本共産党推薦の候補者が、自民党公明党の候補者と民主党推薦の候補者と闘って、圧勝ことを示しています。民主党が、自民党公明党との相乗りをしなかったのです。相乗りが、前市長の腐敗を復活するからです。矢野裕氏の当選は、前市長の腐敗が相当ひどかったので、民主党社民党生活者ネットワークの市長を必要にしていなかったことです。
 自民党は狛江市長選挙の結果を予想して、衆議院選挙での供託金の没収点の引き下げで日本共産党の全選挙区の立候補や社民党の立候補の増加、護憲無所属候補者の誘い込みを狙っています。これは、これらの立候補の誘い込みで自民党公明党小選挙区候補者が相当な当選になります。狛江市長選挙の結果は、狛江市や周辺の南多摩地域で影響を受けるだけです。
 矢野裕狛江市長の当選は、自民党公明党の悪政と毅然な態度で臨むこと、民主党地方自治体レベルの政権交代のビジョンの確立、社民党の利権体質から脱却が自民党の政治に終わりを告げるものにすべきです。