☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

第10回関西建設研究交流集会

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 第10回関西建設研究交流集会が、8月5日に兵庫県の西宮市内で行いました。参加者は、国土交通省職員や同省の管理職、建設職人、建築設計、建設コンサルタント、建設業者、ダンプ運転手、生コンクリート運転手、研究者、ゼネコン職員などの官民の違いを超えていました。
 集会は、正職員と派遣労働者、外注職員が建設職場で生活格差を受けていることを共通の話題になっていました。建設現場の格差は、①派遣労働者が正職員の仕事をしていること、②職人の請負金額が、年々切り下げられていること、③サービス残業や過労死寸前の過酷な労働が強いられていること、④免許の取得があっても、収入が増えることに繋がらない、⑤建設関係のルールが、守られていないこと、⑥市民が建設行政に対する信頼を失っていること、⑦次世代が、建設関係の仕事を選ばなくなっていることでした。
 建設労働組合が、建設労働者の最低賃金の確立や建設業退職金共済(建退共)の充実、労働安全活動の強化、公契約条例・法のの確立、後継者の育成をナショナルセンターの所属の違いを超えて取り組むときです。