☆ミぶどうちゃんのブログ☆彡ぶどうが獲れる柏原にいらっしゃい!

ぶどうの出店は、6月頃の再開の予定です。ぶどう狩りは。8月頃の再開の予定です。今年もよろしくお願いします。

最近の科学的社会主義の評論や解説の無さ

 科学的社会主義の解説と批評が、様々な雑誌に掲載していません。この傾向は、2000年代に入ってからです。解説は、入門編や中級編、上級編に分けて見ることです。各特集の内容は、科学的社会主義の著作や解説、古典の学習についてのQ&Aです。マルクスエンゲルスレーニンの古典は、党派の思惑を取り入れずに読みたい気持ちになって取り組むことです。
 私の知り合いは、古典の著作の挑戦に挫折をしたり、全く古典を読んでいません。古典を読まないことを自慢にする日本共産党員が、ざらにいます。古典を読まない人は、不破氏や志位氏の著作本で古典を読んだつもりの気持ちに浸っています。
 これは、日本でのアメリカの従属関係や独占ブルジョアグローバル化を認識できずにただしんぶん赤旗を読むだけの深みのない活動スタイルになることを示しています。
 古典を読むことは、受験勉強の暗記や傾向対策、過去問題のような形式的に学ぶのではなく、著作の狙いや書かれた歴史の背景、現代の労働者運動の教訓、活動に生かせるヒントを得ることです。